【ポケカ環境】優勝デッキまとめ(2020年06月24日)

スポンサーリンク
ポケカ優勝ムゲンゾーン環境
スポンサーリンク

マルヤクデVMAXデッキ

優勝:マルマインGXマルヤクデVMAXデッキ

《マルマインGX》の特性「エネエネボンバー」を使用して一気にエネルギー加速して《マルヤクデVMAX》の火力、耐久力を上げていくデッキです。
一度、加速させた《マルヤクデVMAX》をしっかり守れるように《マオ&スイレン》2枚、《ポケモンセンターのお姉さん》を採用、さらに《マルヤクデVMAX》のワザは、2エネのみ要求し追加でエネルギーをはっていくので《ワンダーラビリンス◇》との相性も抜群、相手がワザを使用できない=耐久力につながり、《マルヤクデVMAX》の「キョダイヒャッカ」の試行回数を稼ぐことができます。

ポケモンセンターのお姉さん
ワンダーラビリンス◇

ピカゼク(ピカチュウ&ゼクロムGX)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

タッグコール型のピカゼク、《グズマ&ハラ》を使用し安定して「フルドライブ」を打てるデッキです。
《ぼうけんのかばん》を採用しているところが特徴ですね。

優勝:エネルギー破壊ピカゼクデッキ

ぶん回し型のピカゼクですね。
《デデンネGX》3枚、《クロバットV》1枚、《電磁レーダー》3枚で山一気に掘って場に展開します。ドローを進める過程で《クラッシュハンマー》、《エール団のしたっぱ》があれば相手のエネルギーをトラッシュ、バウンスしていきます。

ガラルサニゴーンデッキ

優勝:ガラルサニゴーンカラマネロデッキ

《カラマネロ》の特性「サイコリチャージ」を使用してエネルギー加速を狙うデッキ、メインポケモンは、《ガラルサニゴーン》ですがGXワザの枠として《ゲンガー&ミミッキュGX》が採用されています。
ダメカンをのせれるカードを多く採用しています。

こういう編成ではレギュ落ちした「マジカルスワップ」のカプ・テテフがほしくなりますね。

カプ・テテフ

スピードザシアン(コンボザシアン)デッキ

優勝:コンボザシアンデッキ

元々、エネルギー加速でき3エネ230ダメージを出せる強力な《ザシアンV》をベースに《ジラーチ◇》のサイドを多くとるギミックを採用しさらにゲームスピードをあげてくれています。

このデッキでの《ソニア》が《ジラーチ◇》、《バリヤード》を1枚で回収できるところがかなりつよいです。

ソニア

三神(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX)ザシアンデッキ

優勝:三神ザシアン(ターボパッチ入)デッキ

優勝:三神ザシアンデッキ

《ターボパッチ》でエネルギー加速手段を追加し、《とりつかい》で《ザシアンV》が連続で「ブレイブキャリバー」を使えるような工夫をされています。

ムゲンダイナVMAXデッキ

優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ

《メレシー》を採用が特徴ですね。

メレシー

特性持ちからのワザのダメージや効果を受けないという強力な効果を持っています。《ザシアンV》、《ムゲンダイナVMAX》、《ジュナイパー》など特性を持ったアタッカーだった場合、壁になってくれます。
ムゲンダイナVMAXデッキでの採用のためどれだけ起動できるかは疑問ですが無色でワザが使える《メレシー》ワンちゃんありますね。

優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ

《クイックボール》、《スーパーボール》、《ポケモン通信》が4-4-3ラインで採用されておりポケモンを並べないといけないので安定性が高そうです。

《フラダリラボ》を採用し、HPがあがって「ドレッドエンド」の確定数を変えてくる相手に対して、使用することで確定2発を確定1発できぜつにさせれる動きができるようになります。

フラダリラボ
ツールスクラッパーが収録されてからあまり見かけなくなったスタジアム

優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ

《ジャアントボム》を採用することで「ドレッドエンド」で届かない相手に対しても圏内に入れることが可能となります。
《ジャアントボム》を嫌って《ボスの指令》等で裏をよばれても守りたいポケモンが無傷となりますので相対的に耐久力も上がってると考えてもよいかもしれません。

《ジャアントボム》発動後は、《フーパ》等のポケモンの確定圏内に持ち込めているのであればサイドを取られるリストが減る非GX、Vアタッカーで倒すようなプランニングも可能と思います。

マッドパーティ

優勝:マッドパーティデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました