【解説付】三神ザシアン優勝デッキレシピまとめ

スポンサーリンク
オルタージェネシス

Contents

スポンサーリンク

三神ザシアンデッキの特徴

ルールの定義を強化するオルタージェネシスGX

三神ザシアンの1番の特徴は、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のGXワザである「オルタージェネシスGX」にあります。
追加効果を水エネルギーと鋼エネルギーの合計2エネで使えるため手張り+エネルギー加速1回でワザを使うことができます。

効果は、常時ワザのダメージ+30されつつワザのダメージで相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合は、追加でサイドを1枚多くとることができます。
特に後ろのサイド1枚追加が非常に強く、最速で2回の攻撃で試合が終了してしまいます。

サイド6枚すべて取り切れるパターン例
・GX、Vポケモン2体(デデンネGX、クロバットVなど)
・非GX、Vポケモン3体(小ズガ、ジラーチなど)
・タッグチームGX、VMAXポケモン1体と非GX,Vポケモン1体

勝ちパターン

先攻であれば2ターン目に「オルタージェネシスGX」を使用、3ターン目に《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「アルティメットレイ」、4ターン目に《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」を使い相手のポケモンをきぜつさせます。(《ボスの司令》などをあわせて強引に最速のサイドプランをおしつけていくスタイルです。

後攻も同様で後攻1ターン目から「オルタージェネシスGX」を狙っていくのが主流となります。

エネルギー加速手段

「オルタージェネシスGX」の追加効果を先攻2ターン目、後攻1ターン目の最速で使用できるようにエネルギーサーチ、エネルギー加速手段を採用しています。

エネルギー転送+メタルソーサー+エネルギーつけかえ

トキワの森
エネルギーつけかえ

《トキワの森》(《エネルギー転送》でも可)で基本エネルギーをサーチ、鋼エネルギーは後述する《メタルソーサー》でのエネルギー加速手段があるので《基本水エネルギー》か 《オーロラエネルギー》を《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に手貼りが基本となります。

《メタルソーサー》は、ベンチの鋼ポケモンにエネルギー加速できるので《ザシアンV》や、《クチートGX》などの鋼ポケモンに一旦、エネルギーをつけてから《エネルギーつけかえ》で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》にエネルギーを移動し「オルタージェネシスGX」を使用することができます。

ヤレユータン+ザシアンV

ヤレユータン
ザシアンV

主に先攻1ターン目で使用するエネルギー加速、《ヤレユータン》の「さるぢえ」で山札の1番上に《基本鋼エネルギー》をセットし《ザシアンV》の「ふとうのつるぎ」を宣言し確実に1枚以上のエネルギー加速ができます。2ターン目に《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のエネルギーが足りない場合は、《エネルギーつけかえ》で移動します。

クチートGXのみわくのウインク

クチートGX

三神ザシアンデッキは基本的にベンチにいる倒しやすいポケモンを倒すことが勝ちパターンでありますが、ベンチに倒したいポケモンがいない場合は、《クチートGX》の「みわくのウインク」を使用し強制的にベンチに出させる動きが強力で三神ザシアンデッキのテンプレートといってよいクラスのポケモンです。

ポケカ飯
ポケカ飯

《クチートGX》の使用するタイミングについて個人的に以下の3パターンベースと思います。

・先行1ターン目

→相手は《デデンネGX》や《クロバットV》が手札に抱え込んでいる確率が1番高いです。犯罪級の強さです。

・相手にサイドを取られた時
→特に《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》がきぜつさせられて相手が3枚サイドを取ったタイミングが手札が増え、相手は番が終わるので小細工することができないため。

・単純に相手の手札が多い時

ぽけもんのどうぐ

くちたけん

くちたけん

「オルタージェネシスGX」発動後、《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」が290ダメージまで伸びます。タッグチームGXをワンパン、「いちげきのほうこう」2回使用した《いちげきウーラオスVMAX》を1ぱんすることができます。

げんきのはちまき

げんきのハチマキ

《くちたけん》との選択、メリットとしては、《ザシアンV》以外のアタッカーの打点を追加できる点、例えば《ザマゼンタV》に使用した場合、「オルタージェネシスGX」後は、170ダメージになるため2回ワザを使用することで《ムゲンダイナVMAX》のHP340ラインまで届くことができます。

ポケカ飯
ポケカ飯

《げんきのハチマキ》採用時は特に倒したいポケモンのラインを構築段階から検討しておくことをオススメします。

大きなおまもり

大きなおまもり

耐久力をあげれるカード、すべてのポケモンに使用できますが三神ザシアンデッキの場合は、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》へセットするのが強いです。理由は、できるだけ「アルティメットレイ」を使用したいため、1ぱんされないようにするためです。

ポケカ飯
ポケカ飯

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》はHP280と恵まれていますがムゲンダイナVMAXデッキ、いちげきウーラオスVMAXデッキ、ピカチュウVMAXデッキ等々、容易に1ぱんを狙ってくるデッキが多く存在します。

ふうせん

ふうせん

《ザシアンV》が連続で「ブレイブキャリバー」を使用できないのでベンチに戻す必要な場面が発生しますので入れ替えカード枠として採用、少なくとも1枚はほしいカード。

学習装置

学習装置

優勝デッキを見ても採用頻度は少ないカードです。ただ《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》が簡単にきぜつさせられる環境であるため「アルティメットレイ」まで使用できず、《ザシアンV》のエネルギーが準備できないケースは少なくありません。《ザシアンV》へセットして置くことでスムーズに「ブレイブキャリバー」を使用できるようになります。

ツールジャマー

ツールジャマー

相手の《大きなおまもり》や《ふうせん》などを無効にできるどうぐです。
《ツールジャマー》については下記、記事に詳細を解説してますのでお時間ある時に参照いただけると幸いです。

Bレギュレーション落ちの影響・新環境について

Bレギュレーション落ちする主要なカード

環境デッキの中でもBレギュレーション落ちの影響は少ないデッキと考えてます。

以下、影響のありそうなカードです。

・エネルギースピナー

エネルギースピナー

「オルタージェネシスGX」発動の支援が主な役割、デッキ内で少ない《基本水エネルギー》へのアクセス率、デッキ圧縮に使用されます。

【代用カード案】
・エネルギーの枚数を増やす《オーロラエネルギー》or《基本水エネルギー》
・《エネルギー転送》

・ジラーチ(ねがいぼし)+エスケープボード
三神ザシアン以外にも多くのデッキを支えてきたシステムポケモンです。三神ザシアンの場合、ジラーチ採用するかどうかはわりと選択枠であったため、ないならない構築で問題なく戦えると思います。

【代用カード案】
・Aジラーチ
・フィオネ、セレビィ
・タブンネ

・レックウザGX
主に後攻1ターン目の「オルタージェネシスGX」の発動支援のため採用されていたカード、トラッシュに落ちた《基本水エネルギー》を場に戻せるところも優秀でした。このカード自体は、採用可否についてそもそもプレイヤーの選択枠であったため大きな影響はないと思います。

Bレギュ落ち後も強い

レギュレーションBマーク

Bマークのレギュレーション落ちが囁かれてますが三神ザシアンの主要パーツはほとんど影響がなく当面は勢力を維持して戦うことが可能なので今から始める方もながくデッキとつきあっていくことが可能です。

一撃マスター、連撃マスターにも強力な特殊エネルギーが収録されているおり、さらに特殊エネルギーが優秀な環境となるため、特殊エネルギー対策を各種デッキ組込みことが多くなることが予想されますがこの三神ザシアンは、《オーロラエネルギー》こそ採用されるケースはありますが基本エネルギーだけで構築することができそこが個人的に強みです。

ウーラオス対策にミュウツー&ミュウGX

いちげきウーラオスVMAX
れんげきウーラオスVMAX

《いちげきウーラオスVMAX》、《れんげきウーラオスVMAX》どちらも強力なカードで環境入りしていますがいずれも超タイプ弱点を持ちます。

そこで元々タッグチームGXである《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を軸としたデッキのため超タイプであるアタッカー《ミュウツー&ミュウGX》を採用することでウーラオスVMAXへ弱点をとることができるようになります。

ミュウツー&ミュウGX
特性「パーフェクション」で実質三神になれる!

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX収録パック

収録パックであるオルタージェネシスは、《タッグコール》、《マオ&スイレン》、《グズマ&ハラ》、《シロナ&カトレア》など優勝なカードが収録されているのでおすすめです。

三神ザシアンデッキ過去環境デッキまとめ

ページサイズが膨大となりますので過去環境については別記事にまとめてあります。環境によってのデッキ推移を参照したい方は、下記リンクから参照ください。

三神ザシアン優勝デッキ:一撃マスター、連撃マスター環境

三神ザシアン/ジュラルドン/クラッシュハンマーデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタ/ギルガルドデッキ

三神ザシアンデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタ/ギルガルド/ナツメ&ハチクデッキ

三神ザシアン/インテレオンVMAX/フーパデッキ

三神ザシアン/学習装置デッキ

ポケカ飯
ポケカ飯
学習装置

《学習装置》を採用した三神ザシアンデッキ、エネルギー構成も基本エネルギーのみで構築されており、有効に働くと思います。
また、「アルティメットレイ」が打てなくても《ザシアンV》がすぐ動ける可能性が増えるので相性良さそうですね。

三神ザシアン/ザマゼンタV/エンペルトVデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯
エンペルトV
ミロカロスV

この立ち位置としては、《ミロカロスV》が筆頭でしたが連撃マスター収録の《エンペルトV》を採用されていますね。

ワザ自体もエネルギーが無駄になりにくい性能なので息切れなしで攻撃を繰り出せそうです。

「オルタージェネシスGX」発動下だと《ミロカロスV》だと《ビクティニVMAX》を倒せないですが《エンペルトV》だと弱点込みでダメージが届きます。

三神ザシアン/ムーランドVデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯

《ムーランドV》でさらにサイドを多く取れるのでかなり強力です。ダメージも「オルタージェネシスGX」で補完できているのがさらによいですね。

ツイートにもあるように《ミュウ》を倒してサイド3枚取りされているみたいで、非GX,非Vさえも3枚とられると何もポケモン出せない。。。

三神ザシアン/ザマゼンタ/ギルガルドデッキ

三神ザシアンデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタVデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタ/ギルガルドデッキ

三神ザシアンデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタ/ミュウミュウデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタ/ミュウミュウ/ミロカロスデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯

ツイートに「ミラーばかりだった」とのことでまだまだ三神ザシアンの勢い、立ち位置は変わらない状態と言ってよいと改めて再認識。

三神ザシアン/ザマゼンタデッキ

三神ザシアンデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタデッキ

三神ザシアン/ジュラルドンデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯

なんだかんだ存在するジュナイパー対策にジュラルドンを採用されていますね。

三神ザシアン/ドータクンバレットデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタ/MMデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタV/ギルガルドVデッキ

三神ザシアン/ミュウツー&ミュウGXデッキ

(2位)三神ザシアン/ザマゼンタVデッキ

三神ザシアン/ミュウツー&ミュウGXデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯

日々、鍛錬をつんでるときいてるジュニアプレイヤー、三神ザシアンの練度はかなり高いと思います。ウーラオスを見るために《ミュウツー&ミュウGX》を採用したデッキですね。

優勝おめでとうございます。

【ポケホスベスト8】三神ザシアン/エンペルトVデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯
エンペルトV

三神ザシアンというデッキタイプはほぼ完成されている中で現環境で猛威を奮っている《ビクティニV》、《ビクティニVMAX》を意識しての《エンペルトV》、さらに注目すべき点は、《フウロ》の選択ですね。

フウロ

《フウロ》の採用で細かいキーパーツをサーチできる点がいいです。

《エネルギー転送》、《エネルギーつけかえ》で「オルタージェネシスGX」発動支援、《プレシャスボール》経由で《デデンネGX》でドローにもつなぐことができ各シーンに合わせて使用できる点からさすがリンさんと思いました。

三神ザシアン/MM/ジュラルドン/フーパデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタV/ミュウツー&ミュウGX

三神ザシアン/ザマゼンタ/ミュウツー&ミュウGX/ムーランドVデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタVデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯

ジュニアの大会も通常のジムバトルと同レベルのデッキ、こういう機会がどんどん増えてジュニアのレベルアップが加速していきそうです♪

三神ザシアン/ザマゼンタV/ミュウツー&ミュウGXデッキ

三神ザシアン/ミュウツー&ミュウGX/ケルディオGXデッキ

ポケカ飯
ポケカ飯
ケルディオGX

《ケルディオGX》を採用、今、採用率が高くなっている《ミュウツー&ミュウGX》対策やムゲンダイナVMAXデッキに対しても火力が出せるところもポイントです。

三神ザシアン/クラッシュハンマーデッキ

2021022デッキ

(2位)三神ザシアン/ザマゼンタVデッキ

タイトルとURLをコピーしました