【ポケカ】三神ザシアン優勝デッキレシピまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三神ザシアンデッキの特徴

ルールの定義を強化するオルタージェネシスGX

三神ザシアンの1番の特徴は、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のGXワザである「オルタージェネシスGX」にあります。
追加効果を水エネルギーと鋼エネルギーの合計2エネで使えるため手張り+エネルギー加速1回でワザを使うことができます。

効果は、常時ワザのダメージ+30されつつワザのダメージで相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合は、追加でサイドを1枚多くとることができます。
特に後ろのサイド1枚追加が非常に強く、最速で2回の攻撃で試合が終了してしまいます。

サイド6枚すべて取り切れるパターン例
・GX、Vポケモン2体(デデンネGX、クロバットVなど)
・非GX、Vポケモン3体(小ズガ、ジラーチなど)
・タッグチームGX、VMAXポケモン1体と非GX,Vポケモン1体

勝ちパターン

先攻であれば2ターン目に「オルタージェネシスGX」を使用、3ターン目に《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「アルティメットレイ」、4ターン目に《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」を使い相手のポケモンをきぜつさせます。(《ボスの司令》などをあわせて強引に最速のサイドプランをおしつけていくスタイルです。

後攻も同様で後攻1ターン目から「オルタージェネシスGX」を狙っていくのが主流となります。

エネルギー加速手段

「オルタージェネシスGX」の追加効果を先攻2ターン目、後攻1ターン目の最速で使用できるようにエネルギーサーチ、エネルギー加速手段を採用しています。

エネルギースピナー+メタルソーサー+エネルギーつけかえ

エネルギースピナー
エネルギーつけかえ

《エネルギースピナー》(《エネルギー転送》でも可)で基本エネルギーをサーチ、鋼エネルギーは後述する《メタルソーサー》でのエネルギー加速手段があるので手張りは《基本水エネルギー》か 《オーロラエネルギー》を《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に手張りが基本となります。

《メタルソーサー》は、ベンチの鋼ポケモンにエネルギー加速できるんので《ザシアンV》や《ジラーチ》、《クチートGX》などの鋼ポケモンに一旦、エネルギーをつけてから《エネルギーつけかえ》で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》にエネルギーを移動し「オルタージェネシスGX」が起動できます。

ヤレユータン+ザシアンV

ヤレユータン
ザシアンV

主に先攻1ターン目で使用するエネルギー加速、《ヤレユータン》の「さるぢえ」で山札の1番上に《基本鋼エネルギー》をセットし《ザシアンV》の「ふとうのつるぎ」を宣言し確実に1枚以上のエネルギー加速ができます。2ターン目に《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のエネルギーが足りない場合は、《エネルギーつけかえ》で移動します。

レックウザGX+エネルギーつけかえ

レックウザGX
エネルギーつけかえ

《レックウザGX》の「しっぷどとう」でトラッシュにある基本エネルギーを《レックウザGX》につけます。こちらも《エネルギーつけかえ》は必要ですがこのコンボは、《基本水エネルギー》も供給可能という点です。最近は、後攻1ターン目での「オルタージェネシスGX」起動が勝敗を分けるシーンも多く採用率があがってきたカードとなります。

Bレギュ落ち後も強い

レギュレーションBマーク

Bマークのレギュレーション落ちが囁かれてますが三神ザシアンの主要パーツはほとんど影響がなく当面は勢力を維持して戦うことが可能なので今から始める方もながくデッキとつきあっていくことが可能です。

三神ザシアンデッキ過去環境デッキまとめ

ページサイズが膨大となりますので過去環境については別記事にまとめてあります。環境によってのデッキ推移を参照したい方は、下記リンクから参照ください。

三神ザシアン優勝デッキ:仰天のボルテッカー環境

三神ザシアン/ザマゼンタV/クチートGXデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタV/レックウザGX/ヤレユータンデッキ

三神ザシアン/クチートGXデッキ

三神ザシアン/ギルガルドV/クチートGXデッキ

三神ザシアン/ネギガナイトV/ヤレユータンデッキ

三神ザシアンに《ネギガナイトV》を採用し環境に多いムゲンダイナVMAXデッキ、ピカチュウVMAXデッキ、ピカゼクデッキに一気に有利をとることができます。いかに隠して動かせるかがポイントですね。

三神ザシアン/ザマゼンタV/ギルガルドVMAX/クチートGXデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタV/ギルガルドVデッキ

三神ザシアン/ザマゼンタV/クチートGX/ヤレユータンデッキ

三神ザシアン/クチートGX/ヤレユータンデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました