各タイプごとのデッキ検索
基本草エネルギーアイコン基本炎エネルギーアイコン基本水エネルギーアイコン基本雷エネルギーアイコン基本超エネルギーアイコン基本闘エネルギーアイコン基本悪エネルギーアイコン基本鋼エネルギーアイコンドラゴンエネルギーアイコン無色エネルギーアイコン

【Tier表】ポケカ環境デッキレシピランキング!!【ナイトワンダラー環境最新版】

記事内に広告が含まれています。
本記事の内容

データで導きだした現環境のデッキの強さをTier表形式で解説

この記事でわかること
  • 現在主流の環境デッキ
  • 各デッキタイプの特徴、デッキ相性
  • 各デッキの詳細なレシピ、テンプレート(デッキコード付)
  • 公式大会(シティリーグ、チャンピオンズリーグ)の最新環境(メタゲーム)

本記事の信頼性

ポケカ飯(@pokekameshi)

この記事を書いている私はポケカ歴5年以上、ブログ歴4年以上で日々、国内から海外まで競技シーンからジムバトル、自主大会で勝ち上がった実績のあるデッキレシピをまとめています。

ポケカ関連の有益な情報をブログやX(旧Twitter)にて発信し続けています。

・ポケモンカードゲームに関わる人にフォーカスされているメディア「紙と人」にも出演。

・2024年ポケカデータラボにも加入しました。

Tierとは

Tierとは
いろんな考え方がありますが単純にTier1~Tier4のように数字で表し、数字が小さいほど強いデッキとなります。また、強いデッキというとは大会では数も多くなるので大会の使用率にも直結してくるので対策がより必要なデッキであると考えることができます。

Tier表(強いデッキランキング)

2024/06/13 更新 最新版Tier表

インプットデータ

自主大会データ

シーズン中(9月〜5月)は、シティリーグの結果から各デッキごとの獲得ポイントを集計し各デッキの強さをシェアを算出しておりました。

オフシーズン中は、公式のデータがないため規模が大きめの自主大会をベースに活躍したデッキをシティリーグポイント割振りを参考に独自で集計した結果を元にTier表を作成しております。

WCS(世界一を決める大会)の環境分析に世界中のプレイヤーにも有益な情報となると考えております。

※自主大会の集計については随時、ポケカ飯のXにて発信してますのでチェックしてみてください。

こんな感じのレポートを週次でリリースしてます

お知らせ

今までは、ポケカデータラボのX(旧Twitter)対戦自動集計の内容も掲載しておりましたが対戦自動集計機能がポケカデータバンク(PDB)に生まれ変わり、メンバーシップ限定のコンテンツとなりましたのでこちらからの参照もなしとなります。

対戦自動集計の情報を見たい方は、ぜひメンバーシップへご参加ください。(私も加入してます!)

ポケカ飯
ポケカ飯

ポケカデータバンク、スマホからサクサクデータチェックできるのでオススメです。

シティリーグ分析レポート

ポケカ飯ブログでは、シティリーグの情報もまとめています。

すべてのプレイヤーが同じデータを参照できるようポケカデータラボさんと共同でシティリーグ分析レポートを運営しております。

現環境のトレンドを追うツールとして多くのプレイヤーにご利用いただいてます。

▶シティリーグ記事はこちら

公式 超大型大会(CL、JCS)

ポケカ飯ではどのメディアよりも超大型大会の結果もまとめてます。

最新の大型大会の情報は、日本一を決めるJCSの情報となっております。

超大型大会は、環境に大きく影響を与えるためチェック必須です。

海外環境

5月末より海外も変幻の仮面環境となり、ほぼ世界大会のカードプールとなり注目度もさらにアップしていきます。PTCGLプレイされてない方はぜひインストールしてみてください。

Tier1(最強・強いデッキ)

悪リザードンexデッキ

参考デッキレシピ

06/08(土) 中部チャンピオンシップ本戦:優勝

ヨネダ タクヤ選手
デッキコード
ppyypR-JwZ2WT-Up232S

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)
ポケカ飯メモ

ナイトワンダラーにてさらに強化!

モモワロウex、くさりもち
いれかえ手段、くさりもちでの序盤からの火力アップ

ヨワマル-サマヨール-ヨノワール
相手にサイドを取らせることで、カウンターキャッチャーや手札干渉が強くなる
弱みだった初動のバーニングダークの火力もUP
サマヨールは、苦手だったドラパルトのネイティを取れたり、ヨノワールの「カースドボム」になると130分のダメカンとなるで「バーニングダーク」が130+210でドラパルトexも落とせるラインに!

130の火力が優秀でかがやくゲッコウガやビーダルのシステムまで取れる点も注目!
相手視点も含めプレイ難易度が上がるため練習やプランニングは予めしておいた方がよい。

ルギアVSTARデッキ

参考デッキレシピ

06/02(日) JCS:優勝

デッキコード
Vk5k5f-ctBHU3-FbvkFV

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)
ポケカ飯メモ

日本一となったデッキ

レガシーエネルギーの追加から最強デッキの位置づけとなったルギア
2ターン目、「アッセンブルスター」アーケオスを2体展開できた場合は、現状のポケモンカードの中でも最強の動きといっても過言ではない

ナイトワンダラーでは、キチキギスexが採用最有力候補(キチキギスex自体優秀なため多くのデッキで採用されるが)、ドローするシステムという役割はもちろんだが、キチキギスはベンチ狙撃も可能なため戦略の幅がさらに増える

ルギアVSTAR優勝デッキまとめ

ドラパルトexデッキ

参考デッキレシピ

06/09:メルカリトレカ杯準優勝:512名

デッキコード
Kx8c8Y-P1yxQD-Gc8x4c

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

ポケカ飯メモ

環境を大きく変えたデッキ

実装前は、リザードンexが環境トップのデッキとして君臨していたがリザードンexに有利を取れるとして変化の仮面発売後の公式戦ではシェア30%を超えるデータを叩き出した。

シェア率が急増したことでドラパルトexが苦手なHPの高いたねポケモンかつ早くサイドを取り切るコンセプトのデッキタイプが増加する傾向となった。

ナイトワンダラーでは、キチキギスexや夜のタンカが採用候補
「ファントムダイブ」の2エネで200ダメージ+6個のダメカンばら撒きは依然として猛威を振る

デッキタイプとしては、ネイティオ型、ロスト型、ピジョット型など変化の仮面環境から継続して活躍している。

▼スリーブ迷ったらコレ!(白がシャッフルしやすいです。

Tier2

サーナイトexデッキ

参考デッキレシピ

06/02(日) JCS:ベスト8

デッキコード
MyR2MX-ptBKkT-XRXSp2

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

ポケカ飯メモ

海外のNAIC(変化の仮面と同等の大会で海外版JCSみたいな位置づけ)では上位がサーナイトばっかりだったくらい、環境の勝ちデッキといえる位置づけ

マシマシラを利用したダメカンばら撒きが強力、特性「アドレナブレイン」によってサーナイトexがHPを保ちながら(190+30の220ラインまで見れる)アタッカーとして活躍する場面も増加

ナイトワンダラー環境でもデッキのスペックは引き続き高いと思いますがリザードンexが伸びてきている点は少し向かい風

プレイは難しいですが上達のためには触っておくべきデッキ

レジドラゴVSTARデッキ

参考デッキレシピ

06/09:メルカリトレカ杯:優勝:512名

デッキコード
FdwbkV-xBH0T1-kVvf5F

>>当日の大会結果はこちら

ポケカ飯メモ

以前からあったデッキタイプであるがオーガポンみどりのめんexとの組み合わせで2ターン目からワザを宣言しやすくなったことで戦闘力が上がったデッキ

「りゅうむそう」で繰り出す、ドラパルトexの「ファントムダイブ」は当然、オリジナルのものと同様に相手の盤面へ大きく負荷を与える能力をもちつつも、タケルライコexの「きょくらいごう」での青天井ワザ、相手のたねポケモンを無双できるオンバーンexなど、採用しているドラゴンタイプのカードでいろんな戦略が望めるのも魅力

レジドラゴVSTARのVSTARパワー「レガシースター」もACESPECのカードを再利用できたりと他のデッキにはできないことができる強みがある。

課題は、エネ加速要因がありながらもやはり「りゅうむそう」の3エネ要求を満たし続けれるか!

タケルライコデッキ

参考デッキレシピ

06/02(日) JCS準優勝

デッキコード
55VbF1-46B8Dj-fkkVkF

ポケカ飯メモ

5月GW開催のCL札幌後から話題となったデッキタイプ

オーリム博士のの気迫とオーガポンみどりのめんexで山札を引き続け、2進化exも簡単に突破してしまうほどのパワーを持ったデッキ

小回りは効きづらいが常にバトル場のポケモンを突破されるプレッシャーは高い、JCSのトレンドとしては、ポケモンキャッチャーの採用、サーポート権はオーリム博士の気迫に使用したいため、ポケモンキャッチャー(プライムキャッチャー)で裏のポケモンも取りにいけるためコインが表になるだけでゲームを勝ちに持っていける魅力がある。

触ってみると場にどんどんエネルギーが溜まっていく感覚が爽快すぎるため一度は握ってほしいデッキタイプ

ナイトワンダラーではキチキギスexの採用でさらに山を掘れることが期待できる(ベンチは狭め)

Tier3

古代バレットデッキ

参考デッキレシピ

06/08(土) カードボックス日本橋店イベント優勝(45名)

デッキコード
gLiHLL-cFno7q-n6Hgg9

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)
ポケカ飯メモ

サイド1枚しかとられない非ルールポケモンが主体となったデッキ

変化の仮面にてシークレットボックスの追加で速度がさらにアップし、多くの対面に戦える性能となった。2進化exに対してもスグリでのバフ効果を使って1ぱんできるようなプランも取得
※同様にマシマシラの採用も見かけます。個人的にエネルギーの手貼りが大切なのでマシマシラに手貼りする動作(プレイ)が難しい

話題となっているタケルライコexに強いデッキ

オリジンディアルガVSTARデッキ

参考デッキレシピ

06/02(日) JCSベスト16

デッキコード
LLggn9-TkforQ-6QNLHH

>>当日の大会結果はこちら

ポケカ飯メモ

シティリーグ後期(5/5、5/6)においても使用されているプレイヤーは少ないものの高い勝率をたたきだしていたデッキタイプ

海外大会Indianapolis Regionalにて優勝したことから使用される方が増えた印象

特徴はなんといってもVSTARパワーの「スタークロノス」での追加ターン

序盤に使用して相手の盤面をめちゃめちゃにすることはもちろん、終盤まで残しておいて最後に勝ち切るようにVSTARパワーを温存されるとそれはそれで嫌

個人的に対面したくないデッキタイプ

ナイトワンダラーでは、キチキギスexの「さかてにとる」が前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていたらのテキストのため、追加ターンももれなく3枚ドローできるぶっ壊れ性能に!

パオジアンexデッキ

参考デッキレシピ

06/09(日) ACEカップ優勝(64名)

デッキコード
MpM2US-VZzCm7-ypMSpR

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)
ポケカ飯メモ

HPの高いポケモンには、パオジアンexの青天井火力

HPの低いポケモンには、かがやくゲッコウガの2枚取り、テツノカイナexの「ごっつあんプリファイ」でサイド2枚を狙えるデッキ

デッキの心臓であるセグレイブ、ビーダルを維持してつづけれるかがポイント

ロストバレットデッキ(LTB:ロストツールボックス)

参考デッキレシピ

06/02(日) JCSベスト16

デッキコード
MyM2RX-NiVv9W-MSSpXM

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)
ポケカ飯メモ

環境にあわせてカスタマイズが繰り返されるロストバレット

ナイトワンダラーでは、対ロストメタとなるキュレムの追加によりやや握りにくくなったと思うがロストマスターはそれでも握り続けると思われる。

ACDSPEC枠は、概ねプライムキャッチャーが優先されるがシークレットボックスによりロスト数を一気に稼ぎ、早急にヤミラミの「ロストマイン」やかがやくゲッコウガの「げっこうしゅりけん」を繰り出すタイプもある

ロストバレットデッキの大会優勝デッキまとめ

Tier4

サーフゴーexデッキ

参考デッキレシピ

04/29(月) シティリーグ神奈川優勝 定員:64名

デッキコード
4K8cc8-KIigJk-cac444

>>当日の大会結果はこちら

サーフゴーデッキレシピまとめ

トドロクツキexデッキ

参考デッキレシピ

06/02(日) JCS:ベスト8

デッキコード
FdVb55-qhVVk8-fbkVVw

>>当日の大会結果はこちら

トドロクツキex優勝デッキまとめ

テツノブジン/ガチグマあかつきデッキ(ブジンガチグマ)

参考デッキレシピ

06/08(土) リージョナルカップ:優勝(53名)

デッキコード
LQnPng-jnpy0j-Hg9gLn

>>当日の大会結果はこちら

ブジンガチグマ優勝デッキまとめ

その他環境デッキ

ロストギラティナデッキ

参考デッキレシピ

05/06(月) シティリーグ東京:優勝 定員:64名

デッキコード
gH9NnH-vqktb7-g9LgQi

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)
ポケカ飯メモ

▼特徴・ポイント

前環境では、終盤に《頂への雪道》+《ツツジ》を押し付けて捲くるプランが強力であったが《頂への雪道》のレギュ落ちにより以前のプランが使用できなくなりました。

ロストのギミック自体は《緊急ボード》の追加でエネルギーの手貼りに余裕が出たのは追加ポイント、《マキシマムベルト》の追加により「スターレクイエム」、「ロストインパクト」+50のバフでHP330の《リザードンex》を2回サイドを取れるためまだまだ環境デッキと渡り合えるスペックを持っていると思います。

ロストギラティナ優勝デッキまとめ

カビゴンLOデッキ

参考デッキレシピ

04/29(月) シティリーグ東京優勝 定員:64名

デッキコード
32RyRp-Lt5hG0-2yyppy

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

ミライドンexデッキ

参考デッキレシピ

05/04(日) CL札幌優勝 (3,200名規模)

デッキコード
5kFfkF-CUrUkD-vwk55V

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

ゲッコウガexデッキ

参考デッキレシピ

04/28(日) シティリーグ京都準優勝 定員:64名

ユキメノコ採用で新しい型が生まれた
デッキコード
Y8acc8-aMWMgW-x44GDc

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

未来バレットデッキ/未来軸テツノカイナデッキ

参考デッキレシピ

04/29(月) シティリーグ東京優勝 定員:64名

デッキコード
8c8x8K-7agOGQ-c4G848

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

ハピナスexデッキ

参考デッキレシピ

05/05(日) シティリーグ福岡優勝 参加:59名

デッキコード
c8c4Y8-3UCgRK-xxDaYc

>>当日の大会結果はこちら

ハピナスex優勝デッキまとめ

アルセウスギラティナデッキ

参考デッキレシピ

04/29(月) シティリーグ大分準優勝 定員:64名

デッキコード
Uy2y2y-qPO9mJ-2ypXXM

>>当日の大会結果はこちら

相性表
環境デッキに対しての相性表(◎:有利、◯:微有利、ー:五分、▲:微不利、✕:不利)

ポケカ飯メモ

▼特徴・ポイント

  1. 《マキシマムベルト》の50バフが絶妙
    ・アルセウス「トリニティノヴァ」180→230ダメージ 多くのたねexポケモン
    ・ギラティナ「ロストインパクト」280→330ダメージリザードンex
  2. 環境トップのリザードンexへ《テツノイサハex》が自然に採用できる
  3. 《頂への雪道》+《ジャッジマン》の妨害はなくなったが《ビワ》や《ポケモンリーグ本部》などで妨害する構築も

アルセウス/ギラティナ優勝デッキまとめ

アルセウスVSTARデッキ

参考デッキレシピ

04/27(土) シティリーグ千葉優勝 定員:64名

デッキコード
Uy22MR-Gkzngg-p22yyS

>>当日の大会結果はこちら

X(旧Twitter)デッキ別勝率(PDL自動集計)

イダイナキバLOデッキ

参考デッキレシピ

04/29(月) シティリーグ愛媛ベスト4 定員:64名

デッキコード
Fk5v1f-1zTR12-dkk5dk

>>当日の大会結果はこちら

X(旧Twitter)デッキ別勝率(PDL自動集計)
イダイナキバLOデッキレシピまとめ

デッキコードについて

デッキコードを使用したハイブリッド一人回しの方法
ポケカ飯考案のハイブリッド一人回し、手持ちのデッキ1つあれば環境デッキとの対戦を実現できます!

PC、スマホ、タブレットでもOK! デジタル1人回しツールのススメ
もはやカードすら不要の一人回し方法、カードのスリーブ入れ替え、一人回し時のシャッフル不要など時短効率がかなり高い方法です。

タイトルとURLをコピーしました