【ポケカ環境】優勝デッキまとめ(2020年06月12日分)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムゲンダイナVMAXデッキ

優勝:ムゲンダイナVMAX(エネ破壊入り)デッキ

相手のエネルギーを破壊、手札に戻すカードを採用し相手のテンポを奪いベンチを展開していくコンセプトと思います。

優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ

ボスの指令4枚採用のムゲンダイナVMAXデッキ、《ムゲンダイナVMAX》に進化後は、倒せる敵をボスで引きづり出しサイドを取っていく構成と考えます。

三神(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX)ザシアンデッキ

優勝:三神ザシアンクチートGXデッキ

最近の三神ザシアンやスピードザシアンデッキ、ムゲンダイナVMAX対策として《クチートGX》が採用されるケースがかなり多くなりました。

あとこのデッキだと《ツールスクラッパー》2枚が手厚いです!

ジュナイパーデッキ

優勝:三神ジュナイパー(ザシアン入り)デッキ

三神ジュナイパーに元々、三神と相性のよい《ザシアンV》も採用しています。ブルーの探索型なので《ザシアンV》をプレイするタイミングは盤面形成が完了したタイミングでしょうか。プレイングが難しそうです。

ピカゼク(ピカチュウ&ゼクロムGX)デッキ

優勝:ジラーチピカゼクデッキ

《アブソル》と《ミュウ》の対策カードを採用、トレーナーズは汎用性ができるように細かく採用し《デンジ》の確定サーチで臨機応変に対応するのかなと思います。

優勝:ピカゼク(タッグコール型:サイトウ選手ベース)デッキ

サイトウコウセイ選手ベースのピカゼクデッキですね。

ルカメタハッサム(ルカリオ&メルメタルGXハッサムVMAX)デッキ

優勝:ルカメタハッサムVMAXデッキ

《クラッシュハンマー》を採用している点から《ハッサムV》の「ちぎりとる」や《ルカリオ&メルメタルGX》の「フルメタルウォールGX」と組み合わせて相手のエネルギーをトラッシュし盤面のエネルギーをコントロールしながら闘うデッキです。

優勝:ルカメタハッサムVMAXデッキ

注目すべき点は、《マオ&スイレン》の3投ですね。耐久力をあげたこのデッキでのHP回復は相手からするとかなりキツイと思います。

優勝:ルカメタハッサムVMAX(ブルーの探索型)デッキ

《メタルゴーグル》、《鋼鉄のフライパン》を採用、《グズマ&ハラ》からのサーチ用で特殊エネルギーを採用しています。

ドラパルトVMAXデッキ

優勝:ドラパルトVMAXイベルタルGX(カラマネロ型)デッキ

《ムゲンダイナVMAX》がリリースされてから悪弱点である《ドラパルトVMAX》が影に潜めてました。

ムゲンダイナVMAXデッキも視野にいれて構築しているとのこと。《イベルタルGX》の「デスカウントGX」をうまく使用できるかどうかが鍵ですね。

レシリザ(レシラム&リザードンGX)デッキ

優勝:レシリザ(ボルケニオンブルーの探索型)デッキ

以前までは攻撃こそ最大の防御的なスタンスだったレシリザデッキに《マオ&スイレン》3投、《燃えるスカーフ》の発動回数を増やし打点を補完していますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました