【ポケカ環境】優勝デッキまとめ(2020年07月02日)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マルヤクデVMAXデッキ

優勝:マルマインGXマルヤクデVMAXデッキ

コータスVデッキ

優勝:ジラーチコータスドサイドンデッキ

炎軸であるため《溶接工》+手張りでワザを使用できるようなポケモンをセレクトされています。

コータスV
ドサイドンV

・コータスV
特に下ワザ「スチームクラッシュ」が相手のバトルポケモンのエネルギーを2個も破壊できるため優秀です。

・ドサイドンV
闘エネルギーが1ついるもののその他のエネルギーは炎エネルギーでもワザを使用することができます。《ドサイドンV》の役割は、闘弱点のポケモンをワンパンすることですね。

小ズガ(ズガドーン)デッキ

優勝:小ズガデッキ

ジュナイパーデッキ

優勝:三神ジュナイパーデッキ

優勝:モクナシジュナイパー

数多くのポケモンを採用されています。ジュナイパーがたった場合は、《ジュナイパー》無視してサイドが取り切れないように場に出すポケモンの数はよく考えて使用しましょう。

《ダダリンV》採用はめずらしいですね。

ダダリンV

ピカゼク(ピカチュウ&ゼクロムGX)デッキ

優勝:ピカゼク(電磁レーダー型)デッキ

今のピカゼクは、サポートに《博士の研究》、《デンジ》どちらをメインに構成されているかデッキの性格が随分と変わります。《博士の研究》の場合は、前のめりな動きが多くなります。特徴としては、《デデンネGX》の「デデンチェンジ」も積極的に使用し《エネルギーつけかえ》の枚数が多く採用されているのが特徴です。

優勝:ターボピカゼクデッキ

相手のエネルギーを破壊しつつ自軍は、《ターボパッチ》でエネルギー加速を狙うデッキです。《クラッシュハンマー》、《ターボパッチ》のコイン結果で強さが大きく変動していしまうデッキです。上振れした時は止められないです。

優勝:コンボピカゼク

コンボピカゼク正直、自分も組みましたがその他、レシピがないのでどれが正解は判断ついてませんが既存のピカゼクデッキを活かしつづ数枚差し替えを実施したとのことでした。

コンボザシアンデッキとも相性がよい《ソニア》は、中盤以降、《ヤレユータン》の準備ができていると《ジラーチ◇》と 《バリヤード》をサーチしてくることが可能となります。

ドラパルトVMAXデッキ

優勝:ドラパルトVMAX(カラマネロ型)デッキ

ムゲンダイナVMAXが環境入りし数が激減したドラパルトVMAXデッキです。デッキレシピみるとムゲンダイナVMAXデッキは弱点を疲れるためかなりきついマッチングと思います。

ムゲンダイナVMAXと対峙した際は、《ゲンガー&ミミッキュGX》をうまく使って立回りたいですね。

ムゲンダイナVMAXデッキ

優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ

隙があればサイド+1とりにいけるように《アクジキング》を採用されています。

アクジキング

優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ

悪パーフェクションデッキ

優勝:ダークパーフェクション(ミュウツー&ミュウGX)デッキ

ボーマンダVMAXデッキ

優勝:悪軸ボーマンダVMAXデッキ

マッドパーティーデッキ

優勝:マッドパーティーデッキ

LOデッキ

優勝:チラチーノLOデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました