【ポケカ】ジュナイパー優勝デッキまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. ジュナイパーの特徴
    1. 対策を余儀なくさせる特性みつりんめいさい
    2. ジュナイパーデッキを握る上で最低限意識しておくべきポイント
    3. 対ジュナイパーデッキ対策
  2. ジュナイパーデッキ:ムゲンゾーン環境
    1. 優勝:三神+ジュナイパーデッキ
    2. 優勝:ジュナイパー+裏工作インテレオンデッキ
    3. 優勝:ジュナイパー(ジラーチ型)+ヨクバリスデッキ
    4. 優勝:ジュプトル+ジュナイパー(ブルーの探索型)デッキ
    5. 優勝:三神ジュナイパー(ザシアン入り)デッキ
    6. 優勝:三神ジュナイパー(ブルーの探索型)デッキ
    7. 優勝:ジュナイパーインテレオンデッキ
    8. 優勝:ジュナイパーインテレオンデッキ
    9. 優勝:モクナシジュナイパーデッキ
    10. 優勝:チェリムジュナイパーデッキ
    11. 優勝:モクナシジュナイパーデッキ
    12. 優勝:三神ジュナイパーブルの探索デッキ
    13. 優勝:ジュナイパーデッキ
    14. 優勝:ジュナイパーインテレオン(うらこうさく)デッキ
    15. 優勝:ジュナイパーアローラサンドパンGX(ブルーの探索型)デッキ
    16. 優勝:三神ジュナイパーデッキ
    17. 優勝:三神ジュナイパーデッキ
    18. 優勝:モクナシジュナイパー
    19. 優勝:スカイサーカスジュナイパーデッキ
    20. 優勝:ジュナイパーオムスターデッキ
    21. 優勝:三神ジュナイパーデッキ
    22. 優勝:三神ジュナイパーデッキ
  3. ジュナイパーデッキ:伝説の鼓動環境
    1. 優勝:ジラーチフーパジュナイパーデッキ
  4. ジュナイパーデッキ:伝説の鼓動環境
    1. 優勝:三神ジュナイパー(ブルーの探索型)デッキ
    2. 優勝:モクナシジュナイパースピアー
    3. 優勝:ジュナイパー/インテレオン(うらこうさく)デッキ
    4. 優勝:ジラーチ/ジュナイパーデッキ
    5. モクナシ/ジュナイパーデッキ
    6. モクナシ/ジュナイパー/スピアーデッキ
    7. ジュナイパー/うらこうさく/タチフサグマデッキ
    8. 三神ジュナイパー/ブルーの探索デッキ
    9. 三神ジュナイパー/ライコウARデッキ
    10. ジュナイパー/うらこうさくデッキ
    11. ジュナイパー/タチフサグマデッキ
    12. 三神ジュナイパー/ブルーの探索デッキ
    13. ジュナイパー/クワガノンVデッキ
    14. イオルブVMAX/ジラーチ/ジュナイパーデッキ

ジュナイパーの特徴

対策を余儀なくさせる特性みつりんめいさい

ジュナイパー

みつりんめいさい
このポケモンは、相手の「ポケモンV・GX」からワザのダメージを受けない。

ポケモンカードゲームトレーナーズウェブサイトより

今優勝デッキまとめ記事を参照していただけたらわかると思いますが優勝しているデッキのほとんどがGXポケモン、Vポケモン、VMAXポケモンを主軸としているデッキとなってます。
対策が取られてないデッキであれば《ジュナイパー》にワザのダメージを与えることができない状態となり勝てなくなります。

各種環境デッキを握る人は、常にジュナイパーデッキが大会に参加されそうなのか考えないといけないと同時に対策カード、ゲームプランを予め検討しておく必要があります。

各種デッキにジュナイパーはどう対処する?って思わされてるところが1番環境に影響を与えていると思います。

ジュナイパーデッキを握る上で最低限意識しておくべきポイント

・必要のないポケモンはベンチに出さない
相手のGXポケモン、Vポケモン、VMAXポケモンからワザダメージを受けない能力ですが《ジュナイパー》以外は、基本的にワザのダメージが通るため《ジュナイパー》以外のポケモンを倒されてサイド6枚取られたというケースが内容な立回りを心がけます。

・みつりんめいさいはワザのダメージは受けないが効果は受ける
 ダメカンを載せたり、グッズロックだったりの効果は発動するので注意が必要です。

対ジュナイパーデッキ対策

・炎デッキを使用する。
炎デッキ(マルヤクデVMAX、リザードンVMAX、エースバーンVMAX、レシラム&リザードンGX等)であれば《ボルケニオン》が自然な形で採用されるため特に問題なく対処できると考えます。

・小ズガを握る
上記、同様炎デッキですが小ズガ(《ズガドーン》)も弱点をつけるため少ないエネルギーコストで突破できます。

・クワガノンVでグッズロックする
グッズすることで《ふしぎなあめ》、他サーチ系のグッズを制限できるため進化させない(進化を遅らせる)ことが可能です。

・各タイプごとに非GX、非Vポケモンを採用する。
おそらく1番やるのがこの対策方法と思います。
ピカゼクデッキを例にあげると元々採用されている《カプ・コケコ◇》、1エネで80ダメージ入るアサルトサンダー、ムゲンゾーンで追加された《カプ・コケコ》正直、どのポケモンも一長一短、《エレキパワー》が必要だったり、意外とワザを打つためのエネルギーが多かったりとなかなか難しいですね。

カプ・コケコ◇
サンダー
カプ・コケコ

ジュナイパーデッキ:ムゲンゾーン環境

優勝:三神+ジュナイパーデッキ

【デッキコード】8cGc4c-9moluo-4ac8Yx

《ジュナイパー》の強力な効果「みつりんめいさい」で相手からのダメージを受けずに相手を攻略していくデッキとなるので《ジュナイパー》に進化させるという動き第一目標となりますがこのデッキは、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を採用しているので「オルタージェネシスGX」を起動して火力、サイドレースも優位に立てるような構成となっています。

《カプ・レヒレ》は、苦手な相手である《ズガドーン》(小ズガデッキ)対策での採用です。

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》は場に出す想定ですが《ボスの指令》等で《ジュナイパー》以外を攻撃されないように基本《ジュナイパー》以外をベンチに出さないようにプレイすることが大切です。

優勝:ジュナイパー+裏工作インテレオンデッキ

【デッキコード】cxG8Yx-49CKHo-xacxcc

2進化デッキのため必要札を効率よく集めるために《ジメレオン》、《インテレオン》の特性「うらこうさく」、《ジラーチ》の「ねがいぼし」を採用しています。

《とりつかい》でバトル場の《ジラーチ》を逃がす操作と《モクロー》の「スカイサーカス」起動もでき隠れたキーカードと思います。

優勝:ジュナイパー(ジラーチ型)+ヨクバリスデッキ

《ヨクバリス》の「しばいてにげる」→《ジュナイパー》をバトル場に出す構築、以前の《モルペコドール》を彷彿させるデッキタイプですね。

ヨクバリス
ジュナイパー

システムポケモン(ドロー支援)として《ゼブライカ》を採用しる点も注目ですね。

優勝:ジュプトル+ジュナイパー(ブルーの探索型)デッキ

システムポケモンとして《ジュプトル》を多めに採用して安定性を高めてます。

ジュプトル

《ジュプトル》、《ジュナイパー》の特性持ちがいるにも関わらず、《ブルーの探索》を採用しています。おそらく《ジュナイパー》まで進化をスムーズに行うための採用となります。
《ジュナイパー》は、今の環境であれば一度、たってしませば無双できる性能を秘めています。

優勝:三神ジュナイパー(ザシアン入り)デッキ

三神ジュナイパーに元々、三神と相性のよい《ザシアンV》も採用しています。ブルーの探索型なので《ザシアンV》をプレイするタイミングは盤面形成が完了したタイミングでしょうか。プレイングが難しそうです。

優勝:三神ジュナイパー(ブルーの探索型)デッキ

《ブルーの探索》でしっかりと《ジュナイパー》をたてて行くデッキ、《ジュナイパー》が場に出たあとは、《ブルーの探索》は使用できないため、《ブルーの探索》使用は、《ジュナイパー》を立てるために積極的に使用していきましょう。

優勝:ジュナイパーインテレオンデッキ

《ジメレオン》、《インテレオン》の特性「うらこうさく」で必要なパーツをサーチします。
「うらこうさく」型にすると《ブルーの探索》と異なり、場の特性持ちを意識せずパーツを回収できるためオススメです。基本は非GXの構成なので《ジュナイパー》以外のポケモンでサイドを取られて負けるというケースはかなり少ないと思います。

《インテレオン》もワザを打てるように《オーロラエネルギー》を採用しているところもポイントですね。
《ジュナイパー》と《インテレオン》どちらもベンチ狙撃もあり相性がよいです。

優勝:ジュナイパーインテレオンデッキ

優勝:モクナシジュナイパーデッキ

2進化ポケモンを簡単に立ててれる《モクロー&アローラナッシーGX》を採用したデッキ。進化の選択肢にエネルギー加速を支援する《ゴリランダー》を経由すると《モクロー&アローラナッシーGX》の強力なGXワザ「トロピカルアワーGX」を狙うことができます。
相手のデッキによって進化先を《ジュナイパー》にするのか《ゴリランダー》にするのか判断が必要ですね。

モクロー&アローラナッシーGX
ゴリランダー

優勝:チェリムジュナイパーデッキ

採用し弱点対策を《チェリム》で実現しているのがポイントですね。

チェリム おてんきガード

優勝:モクナシジュナイパーデッキ

《ウィークガード》エネルギーを入れているものの弱点分散のため《ミュウツー&ミュウGX》を採用、《ミュウツー&ミュウGX》を採用することで低コストで高打点のワザが打てる可能性がある《ラフレシアGX》を起動できる点もポイントです。

優勝:三神ジュナイパーブルの探索デッキ

優勝:ジュナイパーデッキ

優勝:ジュナイパーインテレオン(うらこうさく)デッキ

《ジメレオン》、《インテレオン》で必要なパーツをサーチし、《ジュナイパー》立てる構築です。非GX,Vのたねポケモン対策で特性「ブロッキング」の《ガラルタチフサグマ》がかなり嫌らしいです。

優勝:ジュナイパーアローラサンドパンGX(ブルーの探索型)デッキ

《ジュナイパー》でベンチにダメカンを蓄積させつつ《アローラサンドパンGX》のGXワザ「ニードルストームGX」で狩りとることがコンセプトのデッキと思います。

ジュナイパー
アローラサンドパンGX

優勝:三神ジュナイパーデッキ

《カプ・レヒレ》で苦手な《ズガドーン》を対策していますね。

優勝:三神ジュナイパーデッキ

優勝:モクナシジュナイパー

数多くのポケモンを採用されています。ジュナイパーがたった場合は、《ジュナイパー》無視してサイドが取り切れないように場に出すポケモンの数はよく考えて使用しましょう。

《ダダリンV》採用はめずらしいですね。

ダダリンV

優勝:スカイサーカスジュナイパーデッキ

優勝:ジュナイパーオムスターデッキ

《ジュナイパー》でV、VMAX、GXポケモンからの攻撃を制限、《クラッシュハンマー》でエネルギーを割りつつ、《オムスター》でグッズロックを狙うデッキとなります。

優勝:三神ジュナイパーデッキ

定番となった三神ジュナイパーデッキですね。重めな小ズガ対策に《カプ・レヒレ》をピン刺しして対応しております。

優勝:三神ジュナイパーデッキ

ジュナイパーデッキ:伝説の鼓動環境

優勝:ジラーチフーパジュナイパーデッキ

小ズガ対策に《カプ・レヒレ》2採用されています。

ジュナイパーデッキ:伝説の鼓動環境

優勝:三神ジュナイパー(ブルーの探索型)デッキ

優勝:モクナシジュナイパースピアー

優勝:ジュナイパー/インテレオン(うらこうさく)デッキ

優勝:ジラーチ/ジュナイパーデッキ

モクナシ/ジュナイパーデッキ

モクナシ/ジュナイパー/スピアーデッキ

ジュナイパー/うらこうさく/タチフサグマデッキ

三神ジュナイパー/ブルーの探索デッキ

《タッグコール》→《グズマ&ハラ》の流れがオルタージェネス準備と《ジュナイパー》ライン支援の《ターフスタジアム》をサーチできるのは安定感ありそうです。

三神ジュナイパー/ライコウARデッキ

ジュナイパー/うらこうさくデッキ

ジメレオン
インテレオン
ジュナイパー

《ジメレオン》、《インテレオン》の特性「うらこうさく」を駆使して《ジュナイパー》を立てて戦うコンセプト、《ジュナイパー》はベンチにもダメージを与えれるため相手ポケモンに負荷がかかった状況で《フェローチェ&マッシブーンGX》でサイドを多くとるプランも可能です。(《ジュナイパー》で相手をとめつつ不要なポケモンは《回収ネット》で戻すのが基本戦術)

フェローチェ&マッシブーンGX

ジュナイパー/タチフサグマデッキ

三神ジュナイパー/ブルーの探索デッキ

ジュナイパー/クワガノンVデッキ

《ジュナイパー》に雷タイプをタッチすることでグッズロックという選択肢をとることができます。今後、いろいろなデッキにタッチでクワガノンVを採用するケースは少なくないと思います。それだけ今の小ズガドーンデッキは脅威!

イオルブVMAX/ジラーチ/ジュナイパーデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました