【ポケカ環境】大会優勝デッキまとめ(2020年05月24日分)【コード有】

スポンサーリンク

各地で緊急事態宣言が解除されたこともあって解除された地域でカードショップでの店舗大会がたくさん開催されるようになりました。
中には、カードショップに行くのはまだリスクがあると考えられる方もいますし店舗側も人数制限を設けているケースが大半だと思います。

以前と同じようには難しいとは思いますが多くの大会結果ツイートがあがっていてポケモンカードの再始動を感じました。

アップしていただいたプレイヤー、店舗、運営の方々に感謝いたします。

各デッキレシピを公式サイトのデッキ構築ツールで編集できるようにデッキコードを掲載させていただいてます。
デッキコードをクリックするとそのまま編集画面へとべますよ!
※デッキ内のレアリティは異なる場合がありますが予めご了承ください。

スポンサーリンク

三神ザシアン(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX+ザシアンV)

優勝:三神ザシアンV(ジラーチ)デッキ

【デッキコード】HnnHNn-3rkkPL-nQgggn

《ジラーチ》を採用した三神ザシアンデッキですね。
《タッグコール》からサーチできるカードに《シロナ&カトレア》まで採用されているので手札にドロー系サポートがない等の少し事故が起こった場合でも《タッグコール》から縦引き+トラッシュのサポート回収できるため安定性があがると思います。

優勝:三神ザシアンVザマゼンタVデッキ

【デッキコード】XpXyyy-grHEKd-2EpSMy

三神ザシアンに《ザマゼンタV》、《コバルオンGX》、《フィオネ》、《アブソル》を採用し環境対策にかなり枠を割いているデッキです。

主な対策内容
《ザマゼンタV》→VMAX対策
《コバルオンGX》→LO系統の《メリープ》、ストリンダーのどく対策
《フィオネ》→LO系統《リーリエのピッピ人形》対策
《アブソル》→《ジラーチ》対策

ポケモンカードではこういった対策カードをどれだけ盛り込むのかがデッキ構築時にかなり頭を悩ませる点になりますね。
環境(よく使用されているカード)を読み取り、必要最低限を組み込むことができれば1番のベストとなります。

リザードンVMAX

優勝:リザードンVMAX(ボルケニオン+スマホロトム型)デッキ

【デッキコード】yypUSE-w0uokS-ypppyS

圧倒的火力で押し切るリザードンVMAXデッキ、「キョダイゴクエン」の300ダメージで届かないポケモンは、《ガラルジグザグマ》の「かんしゃくヘッド」+《回収ネット》でみていきます。
システムポケモンの選択を《ジラーチ》ではなく《ヤレユータン》+《スマホロトム》で必要なパーツをサーチしてくるギミックが特徴なデッキです。

ラプラスVMAX

優勝:ラプラスVMAXモスノウ(タブンネ型)デッキ

【デッキコード】kvvdvw-C671nN-FFkFk5

コンセプトとしては、水タイプの強みである手札からの大量エネルギー加速である《モスノウ》を活かすために手札に基本みずエネルギーを確保するギミックをしっかり準備している点です。

  • 《たっぷりバケツ》
  • 《ふつうのつりざお》
  • 《エネルギー回収》
  • 《トレーニングコート》

特に《トレーニングコート》が珍しい選択で、相手にも効果を使用されますが使用されても自分側の方が強い動き(エネ加速)ができると判断しての採用と思います。

システムポケモンを《タブンネ》+《Uターンボード》を選択しており、
《モスノウ》のエネルギー加速対象は、ベンチの水ポケモンのためバトル場に加速したい水タイプいればベンチに下げる必要があるため、バトル場でのみ効果が使える《タブンネ》と相性がいいです。《ジラーチ》との選択になりますが確実にドローを進めれる点、運要素が高くなりますがポケモンやエネルギーも手札に加えれる可能性がある点が《ジラーチ》にはない強みとなります。あとは、《ジラーチ》よりも安価で揃う点ですね。

ピカゼクデッキ(ピカチュウ&ゼクロムGX)

優勝:ピカゼククワガノンデッキ(タッグコール型)

【デッキコード】kFbdkv-UPJoQM-F5FfvF

《クワガノン》のグッズロックを採用したピカゼクデッキですね。
苦手とされる小ズガ等にもグッズロックで対応できます。

優勝:ピカゼクデッキ

【デッキコード】cY8cYc-QHbDIQ-8YcD8Y

最近は、《タッグコール》型のピカゼクが一般的ですがタッグチームサポートを採用しない型ですね。《グズマ&ハラ》を採用しない点で《サンダーマウンテン◇》をサーチできない点から《スタジアムナビ》を採用してます。

動きとしては、後攻1ターン目の「フルドライブ」が打てない場合は、《パルスワンV》の「そうでん」からエネルギー加速する安定行動をとることができるのが強みですね。

ストリンダーVMAX

優勝:ストリンダーVMAX+クワガノンデッキ

【デッキコード】vFFwkk-7fHoIH-vVFFkf

《ストリンダーVMAX》の豊富なHPとどくという条件下ではありますが高火力「キョダイライオット」+《エレキパワー》が魅力のデッキです。

《レックウザGX》は、よくエネルギー加速手段として使用されてますがこのレシピは《エネルギーつけかえ》が採用されていないため、単純に《オーロラエネルギー》を使用したアタッカーとしての使用用途でしょうか。採用理由が気になります。

雷タイプで比較対象となるのがピカゼクデッキですが今後、ムゲンゾーン環境になると《ムゲンダイナVMAX》がタッグチームにはかなり強く出れるデッキとなるため《ストリンダーVMAX》がどこまで環境に残れるか個人的に注目しています。

ほっぺすりすり

優勝:ほっぺすりすりデッキ

【デッキコード】cYc8x4-kWhtpo-Yc8Y88
※60に設定できずエネルギーを12枚にしてます

かわいいほっぺすりすりデッキ、今はアタッカー+エネルギー加速ポケモンとして《パルスワンV》も加わり層が厚くなったと思います。

環境上位の《ドラパルトVMAX》対策で《そらのはしら》を採用されてますね。
「ダイファントム」でかなり半壊されるおそれがあるので大切に使いたいです。

《ホミカ》で大量の縦引きができるのが強く、勝負どころで必要札を一気に集めましょう。

炎パーフェクション(ミュウツー&ミュウGX)

優勝:レッドパーフェクションデッキ

【デッキコード】SMppSy-PP9YpH-ySUSpy

豊富なエネルギー加速で高火力が魅力的なデッキです。
今の環境にあわせて《回収ネット》で《ジラーチ》や《ガラルジグザグマ》を使用するギミックが特徴的です。

主なエネルギー加速

  • 《ソルガレオGX》「ターボストライク」
  • 《ビクティニV》「ひろがるほのお」
  • 《溶接工》

主なGXワザ

  • 《ガオガエンGX》
     →70ダメージ以上乗っていればほぼすべてのポケモンをワンパン可能
  • 《レシラム&リザードンGX》
     →3エネで200ダメージでる点も意識しておきます。
  • 《リザードンGX》
     →破格の4エネ300ダメージ、基本はこのワザを狙っていきます。

あとがき

実際の対面でのバトルでも相手のカードを触ることができない等、制限が新型コロナウイルス感染拡大防止のためここは致し方ないですね。
マスク着用、消毒を徹底し、個人でできる範囲でポケカができる環境を継続させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました