ポケモンカード優勝デッキ(ピカゼク)(2020年4月11日)【ポケカ環境】

スポンサーリンク

本日も大会優勝デッキをアップしていただいきありがとうございます。

今回は、昨日ポケカ飯でもの紹介させていただいたピカゼクデッキです。
他の強力な新しいデッキが環境に入ってきてるなか結果を出せてるのは
本当にすごいです。
ピカゼクデッキは簡単そうでいざ回してみると奥深いので
ぜひいろんなデッキレシピを見てほしいです。

スポンサーリンク

ピカチュウ&ゼクロムデッキ

デッキコンセプト

すごくきれいな構築ですね。
タッグコール型、最近のトレンドであるパルスワンV抜いた構築ですね。
ジラーチスタートしたいかたちなのでジラーチ3枚採用されてます。
グズマ&ハラからすばやくフルドライブを狙っていきます。
スピード雷エネルギー最低限の2枚に抑え、フルドライブでのサーチの
安定性を選んだのかなと思います。

特記事項

マオ&スイレン

タッグコールを採用しているので自然と入れれるカード、
ドラパルトVMAXのダイファントムのような中打点の攻撃の確定数を
変えれます。

サンダー

今採用率はそこまで高くないと思いますが
VMAX環境になりピカゼクデッキの火力ではワンパンできない相手が
多くなってきたためピカゼクやライライ、カプ・コケコVでも
2回攻撃が必要になってきます。
そこでアサルトサンダー+αで倒すことができるラインが増えます。

・アルセウス&ディアルガ&パルキアGX(HP280)

ダメージ計算
アサルトサンダー(80)+サンダーボルト(200)

・リザードンVMAX(HP330)

パターン①
アサルトサンダー(80)+サンダーボルト(200)+エレキパワー×2(60)

パターン②
アサルトサンダー(80)+ライトニングライドGX追加効果有(250)

あとがき

正直、構築にクセがなくピカゼクどう組んだらわからないという方は
一旦、完コピしてまわしてみるのもいいと思います!

ジラーチとタッグコールの使い方がポイントです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました