れんげきウーラオスVMAX/スイクンVデッキ【新弾バトル優勝】

スポンサーリンク
PTCGO新弾リリース!

大会情報
2021年9月15日(水)にカードプレイス 鶴崎店で開催されたポケモンカード新弾バトルの優勝デッキレシピとなります。
スポンサーリンク

優勝デッキレシピツイート

デッキレシピコード

れんげきウーラオスVMAX/スイクンV/インテレオン/チャーレムVデッキ

【デッキコード】y3RyMp-UUJnyb-yypXyM

デッキの特徴・注目カード

即時キョダイレンゲキ

《基本水エネルギー》を採用することで《メロン》+《れんげきエネルギー》手貼りで場にエネルギーがない状態から《れんげきウーラオスVMAX》の最強ワザ「キョダイレンゲキ」を使用できる点が強力!

メロン_MERON
れんげきエネルギー
れんげきウーラオスVMAX
ポケカ飯
ポケカ飯

《れんげきエネルギー》+基本エネルギーのパターンですと《ガラルファイヤーV》+《エネルギーつけかえ》も存在しますが《エネルギーつけかえ》がノイズになることもしばしばなので《エネルギーつけかえ》なしで運用できる点は使いやすそうです。

気になる点は、《メロン》のドローが3枚でお世辞にも強くはない、予め《基本水エネルギー》をトラッシュにおくる必要がある点ですね。

こちらは一般的ですが《キバナ》も同様に「キョダイレンゲキ」を狙えます!

スイクンVの採用

PJCS後、大活躍している《スイクンV》をサブアタッカーとして採用、環境的にベンチにポケモンが並びやすい環境+自身もうらこうさく型のため自然にベンチにポケモンが並ぶため2エネである程度の火力が望める点が優秀です。

さらにこのデッキでは《スイクンV》できぜつを狙わなくても《れんげきウーラオスVMAX》や《インテレオン》の「クイックシューター」で落としていけるため、サイド2枚しかとられないアタッカーとして重宝します!おまけの「しゅんそく」もありがたいです。

タフネスマントの採用

タフネスマント

メインは、《スイクンV》想定でタッグチームGX程度の耐久力を《スイクンV》に付与することができ優秀です。

さらに《ミュウ》にも持たせることができ、《回収ネット》も2枚採用されているためミラー線どの「クイックシューター」対策に活躍が見込めます。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました