【解説付】ビクティニVMAX優勝デッキレシピまとめ【先2の恐怖】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビクティニVMAXデッキの特徴

ビクティニVMAX

・ダイビクトリーで少ないエネルギー(2エネ)で高火力
・キャプチャーエネルギー対応のワザ構成
・1エネでサポートも可能
・炎タイプなので専用のトレーナーズを使用できる

・GX、タッグチームGXに火力がでない
・VMAXとしてはややHPが低い

「ダイビクトリー」少ないエネルギー(2エネ)で高火力

2エネで多くのVポケモンをきぜつさせることができます。
主流の強いデッキは、先行2ターン目に相手のエネのついたのVポケモンや進化前のVポケモンをきぜつさせるというところをコンセプトにデッキが構築されています。

先行1ターン目

先行1ターン目は《ビクティニV》にエネルギーを手貼りできれば最低限クリア

ビクティニ1ターン目
先行2ターン目
ビクティニ2ターン目

進化+手貼りして「ダイビクトリー」でバトル場のVポケモンをきぜつへ

さらに状況に応じて要求札が変わります。以下、例をいくつか上げてみました。

・ベンチに倒したいポケモンがいれば《ボスの司令》
※溶接工を使わずにワザの準備ができているので《ボスの司令》が使用できます。

・相手ポケモンに《大きなおまもり》等のどうぐがついている場合は、《ツールスクラッパー》や《ツールジャマー》

大きなおまもり

・相手ポケモンに《ヒート炎エネルギー》、《ストーン闘エネルギー》がある場合は、《うねりの扇》

ヒートほのおエネルギー
ストーン闘エネルギー

優秀なGXポケモン

《ビクティニVMAX》は、Vポケモン、VMAXポケモンには火力がでますがGXポケモンに対しては火力が足りないため、サブアタッカーとしてGXポケモンを採用するケースが多いです。

・ヒードランGX

ヒードランGX

主に特性「バーニングロード」+GXワザの奇襲性に優れたカードとなります。
場の炎エネルギーを自身に集めることができるため、《溶接工》で場にエネルギーを貯めておく&《溶接工》で貼ったエネルギーを無駄にしないところが最大の強みです。

ポケカ飯
ポケカ飯

積極的には狙いませんが《ビクティニV》、《ビクティニVMAX》が使用できる「ひろがるほのお」で場にエネルギーを供給し次のターンに「ヒートボンバーGX」で1ぱんを狙う動きも覚えておくとよいです。

ひろがるほのお

・レシラム&リザードンGX(レシリザ)

レシラム&リザードンGX

3エネ「ダブルブレイズGX」で200ダメージ、4エネ「フレアストライク」230ダメージという高火力、さらにダメカンがのっていると火力が上昇し2エネでうてる「げきりん」もありと強力なアタッカーとなります。《溶接工》でのエネルギーのつけ先の優先度が高いポケモンです。
ただし相手に取られるサイドが3枚という点に注意しながら運用しましょう。

・ミュウツー&ミュウGX

ミュウツー&ミュウGX

《ミュウツー&ミュウGX》を採用することで炎(レッド)パーフェクションデッキの汎用性を得ることができます。

《ミュウツー&ミュウGX》を採用するメリット

・ウーラオスへ弱点をつくことができる
・わざマシンで高火力なワザを使用可能

ラフレシアGX
リザードンGX
レシラム&リザードンGX


たねポケモンのビクティニVについて

2021/02/10現在《ビクティニV》は2種類あります。

基本的にスターターセットV 炎に収録さている《ビクティニV》推しです。

ビクティニV
スターターセットV炎収録のビクティニV

上ワザ、下ワザいずれも優秀です。

連撃マスター収録のビクティニV

ビクティニV

上ワザは、相手がVポケモンであれば悪くない性能、下ワザは、使用した場合も《溶接工》でエネルギー復帰は楽ですがエネルギートラッシュのデメリットが少し痛いところです。
連撃マスター収録の《ビクティニV》を使用するメリットは、にげエネが1という点が1番大きいと思います。あと「フレアシュート」が弱点込みでザシアンVをきぜつできる点(リンさんのツイートで教えていただきました。)

キャプチャーエネルギー対応のワザ構成

今多くのデッキで採用されている《キャプチャーエネルギー》、ワザの構成に”無色エネルギー”が含まれていれば《キャプチャーエネルギー》を貼って有効にエネルギーを使用できるため場の展開が非常に楽になりより安定したデッキに近づきます。

基本のスターターセットV 炎の《ビクティニV》は、エネ加速である「ひろがほのお」、《ビクティニVMAX》については、「ダイビクトリー」も対応していますので《キャプチャーエネルギー》との相性がよいポケモンと言えます。

ビクティニ

ビクティニVMAXデッキの対策

ビクティニVAMXデッキ側の要求札を上げる

相手の先行2ターン目を凌ぐようにHPやワザのダメージを軽減するカードを採用しビクティニ側の要求を上げていくのが基本となります。

・大きなおまもり、ヒート炎エネルギー、ストーン闘エネルギー

大きなおまもり
ヒートほのおエネルギー
ストーン闘エネルギー

単純にHPをあげることができるため「ダイビクトリー」を耐えれるようになります。

・クラッシュハンマー、エール団のしたっぱ

クラッシュハンマー
エール団のしたっぱ

相手のエネルギーを破壊することで先行2ターン目に「ダイビクトリー」を使用させないことが目的になります。ただし相手には《溶接工》が存在するためエネルギー破壊できた場合も油断は禁物。

・GXポケモン

デデンネGX

「ダイビクトリー」は、GXポケモンに打点を出せません。相手へのボスの司令の要求が増えます!

・エンペルトV

エンペルトV

「らせんぎり」で後攻1ターン目から弱点をついて逆に1ぱん狙っていくポケモン、《エンペルトV》の要求エネルギーが《れんげきエネルギー》を使用した場合でもあと1エネ必要となるため《溶接工》のようなエネ加速ギミックを準備する必要があります。

ビクティニ道場

あまりにも先行2ターン目の動きが強いことから先行2ターン目の「ダイビクトリー」を耐えれるかの企画をYouTubeで見つけましたので参考に動画貼っておきます。紹介した動画以外にも「ビクティニ道場」の企画がありますので見てみてください。

【対戦動画】新環境のTier1候補「ビクティニVMAX」の先攻を凌ぎ切れ|挑戦者:いちげきウーラオスVMAX【ビクティニ道場】

ビクティニVMAX収録パック

ビクティニVMAXデッキ過去環境デッキまとめ

一撃・連撃マスター環境

双璧のファイター環境

白銀のランス・漆黒のガイスト環境

【新弾】ビクティニVMAX/パーフェクションデッキ

ビクティニVMAX/FTBデッキ

ビクティニVMAX/ガラルギャロップVデッキ【※】

ガラルギャロップV_P_GARARUGYAROPPUV
ビクティニVMAX

《ガラルギャロップ》の「リブラホーン」の効果で相手のポケモンをHP100以下にすることで《ビクティニVMAX》の「ダイビクトリー」圏内にいれVMAXポケモン、タッグチームGXポケモン含むすべてのポケモンに対して2パンすることが可能です。

「リブラホーン」はベンチポケモンも対象にできるため、次の番ので《ボスの司令》で倒すような運用が可能です。

溶接工_YOUSETSUKOU

《ガラルギャロップV》、《ビクティニVMAX》どちらも《溶接工》から即時、ワザが使用できる構成が相性補完にすぐれてます。

ビクティニVMAX/ガラルファイヤーV/ガラルサンダーVデッキ

ガラルファイヤーV_gFIRE
ガラルサンダーV_gTHUNDER

環境のメタカードとしてガラル2鳥を採用されています。
・ガラルファイヤーV
《こくばバドレックスVMAX》や《オーロット&ヨノワールGX》

・ガラルサンダーV
《ムゲンダイナVMAX》

ポケカ飯
ポケカ飯

《溶接工》や「じゃえんのつばさ」でエネ加速したエネルギーを《エネルギーつけかえ》で別のポケモンへエネルギーしたり、奇襲性があがりそう。

ビクティニVMAX/ガラルギャロップV/キュウコン(きゅうびのいざない)デッキ

タイトルとURLをコピーしました