【解説付】マッドパーティ優勝デッキまとめ

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

マッドパーティデッキとは

「マッドパーティ」デッキは、爆炎ウォーカーで収録されたカードです。

マッドパーティ
自分のトラッシュにある、ワザ「マッドパーティ」を持つポケモンの数×20ダメージ。

ポケモンカードトレーナーズウェブサイト

マッドパーティを使用できるポケモンは、2020/09/28現在で以下のカード4枚のカードとなります。
基本的に「マッドパーティ」を持つポケモンの数だけダメージがアップするのでできる限り採用することになるカードともいえます。

マッドパーティデッキの特徴

・非GX、非Vポケモンがメインのためサイドレース有利
・ツインエネルギー採用でエネルギー手張り1回でワザが使える
・マッドパーティ持ちのポケモンが12枚以上になるとタッグチームGXもワンパンの可能性
・デッキの中心カードがアンコモンベースなので価格が安い

・非GX、非Vデッキ全般ですが環境トップの三神がキツイ
・火力をあげるためにはある程度、ポケモンをトラッシュする必要があるため序盤のダメージがのびない

マッドパーティデッキと相性のよいカード

ツインエネルギー・トリプル加速エネルギー

ツインエネルギー
トリプル加速エネルギー

「マッドパーティ」のワザに必要なコストを1枚で補えるカードです。基本的にこのカードがないとデッキが成り立たないくらい重要なカード、マッドパーティのデッキの多くは、《ホルビー》と進化ポケモンである《ポットデス》の2体に絞られることから《ツインエネルギー》は確実に4枚必須といえます。

またエネルギーが4枚では足りないので《ポットデス》専用として《トリプル加速エネルギー》も有用です。非GX、非Vポケモンですので相手のターンに倒される想定でもありますので《トリプル加速エネルギー》のエネルギーをトラッシュするデメリットもそこまで不都合なく使用できます。

ポッドデス

ホミカ

ホミカ

よく《マタドガス》の「ぶっとボム」と合わせて使用されますがマッドパーティデッキにおいては、マッドパーティを持つポケモンをトラッシュに置けるカードとして活躍します。
2枚トラッシュできた時に6枚追加ドローできる点がさらに強力でマッドパーティデッキの遅いスタートを支援してくれる優秀なサポートカードとなります。

マタドガス
今回はおよびでないふっとびボム持ちマタドガス

ミステリートレジャー【2021.01.22スタン落ち

ミステリートレジャー

マッドパーティデッキは、《ポットデス》がアタッカー兼、置きポケモン(システムポケモン)として重要な役割となります。進化元、進化先をサーチできる点、積極的にトラッシュに送りた《デデンネ》もサーチ可能、さらに後述するコンボギミックで採用される《バリヤード》もサーチできかなりデッキとの相性がいいカードです。カードを使用する際のコストもマッドパーティ持ちのポケモンをトラッシュに送れるのもGOODです。

そっくりベル

そっくりベル

デッキコンセプトで早くポケモンをトラッシュに置くデッキですのでトラッシュにあるポケモンをコストなしで山札からサーチできるのは今、優秀なサーチ系カード(ボール系)が少い環境ではひとつの選択肢としてなりうるカードです。

コンボギミック【2021.01.22スタン落ち

ヤレユータン
ジラーチ◇
バリヤード

デメリット部分で記載した三神(《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》)に弱いという部分を補えるコンボギミック、《ヤレユータン》の「さるぢえ」で《ジラーチ◇》を山札の1番上に仕込み、《バリヤード》の「パントマイム」でサイドに忍ばせます。

このコンボギミックを使用することでサイドレースで不利をとってしまう三神ザシアンなどの三神系統のデッキに対しても勝ち筋をつかむことができます。
最近の優勝デッキではこのカードを採用したデッキがほとんどのように思えます。

ポケカ飯
ポケカ飯

《ジラーチ◇》がスタン落ちしたためコンボギミックの選択はなくなりました。この影響で三神ザシアンがよりきついデッキとなりそうです。

メモリーカプセル・ホルード

メモリーカプセル

《メモリーカプセル》を使用することで「マッドパーティ」を闘タイプとして使用できるようになります。闘タイプは、仰天のボルテッカー環境では上位デッキの多くに弱点をつくことができかなり強力です。それを手張り1回のエネルギーでワンパンできる可能性があるのでイージーウィンできるパターンも増えると思います。

メタモン◇+ケケンカニ【スタン落ち

メタモン◇
ケケンカニ

こちらも闘タイプのカード、どちらかというとベンチに多く並べるムゲンダイナデッキへのメタカードとなります。進化ポケモンであるため《トリプル加速エネルギー》でも対応している点がよいです。
また《メタモン◇》についても相手デッキを確認し《ケケンカニ》を使用しない場合は、《ポットデス》の進化元として使用できるため腐りにくいです。

ポケカ飯
ポケカ飯

《メタモン◇》がスタン落ちしたため《ケケンカニ》を使用する場合は、《マケンカニ》を採用するしかありません。どうしてもムゲンダイナVMAXデッキに有利をとりたい場合の選択としてはなくはない程度と思います。

マケンカニ
マケンカニ

レベルボール

レベルボール

《ガラルバリコオル》以外のマッドパーティーカードをたねポケモン、進化ポケモン関係なくコストなしで手札に加えれるため非常に相性がよいカード、特段の理由がない限り、マッドパーティーデッキに思考停止で4枚採用してよいカードと思います。

デデンネGX(デデチェンジ)

デデンネGX

トラッシュにマッドパーティー持ちポケモンがいないと火力が上がらないため速度が遅い点が課題となりますが《デデンネGX》で大量にトラッシュ→ドローをすることである程度の速度を担保することができます。

懸念点は、どのデッキでも同様ですが《デデンネGX》がサイドを2枚取られてしまうためメインポケモンが非Vポケモンで構成されたこのデッキでは負け筋となることが少なくありません。

使用済みの《デデンネGX》を《サカキの追放》でトラッシュすることで負け筋を消すコンボが一撃マスター・連撃マスター環境入ってから主流になりつつあります。

サカキの追放
海外レシピ(PTCGO)から広がったサカキの追放
ポケカ飯
ポケカ飯

《ボスの司令》のプロキシとして活躍してた《サカキの追放》に光が指しました笑

ミュウ(ベンチバリア)

ミュウ

マッドパーティーデッキは、全体的に低すぎるHPからベンチ狙撃に弱いです。マッドパーティーデッキが流行した際にメタカードとして《ボーマンダV》などの複数のベンチポケモンへダメージを与えるカードで対策されていました。

ボーマンダV
れんげきウーラオスVMAX

さらに連撃マスターにて追加された《れんげきウーラオスVMAX》もベンチへダメージを与えることができるワザがあるため《ミュウ》は標準装備しておいた方が吉です。

ポケカ飯
ポケカ飯
ドラパルトVMAX
ビッグパラソル

それでも《ドラパルトVMAX》の「ダイファントム」はどうにもできないです。《ビックパラソル》で防ぐ手段もなくはないですが本来のマッドパーティーの動きが鈍くなるためドラパルトVMAXデッキは素直に切った方がよいのかもしれません。

ホミカ

ホミカ

ポケモンをトラッシュすることが目標のマッドパーティーデッキとは相性がかなりいいです。2枚捨てることで山札から6枚縦引きできるのでやれる行動範囲が大幅に広がります。

ヤレユータン(さるぢえ)

ヤレユータン

《博士の研究》や《デデンネGX》でトラッシュしたくないカードを防ぐことができます。

その他「さるぢえ」は便利なことが多いです。

マナフィ(うみのそうさく)

マナフィ

マッドパーティーデッキは、ポケモンをどれだけ引けるかが火力につながるのでポケモンをサーチできるマナフィは相性◎

チラチーノ(やりくり)

チラチーノ

《ポットデス》の「ティーブレイク」が強いなら弱いわけがない《チラチーノ》の「やりくり」、難点としては、《ポットデス》同様に進化ポケモンという点、一度立てることができればかなり安定して山掘りと火力アップを推進できます。

マッドパーティーデッキB落ち環境について

・ウーラオスVMAXが流行すれば評価増

いちげきウーラオスVMAX
れんげきウーラオスVMAX

《いちげきウーラオスVMAX》、《れんげきウーラオスVMAX》ともに超タイプ弱点であるためマッドパーティーデッキのアタッカー《ポットデス》で弱点をとることができきます。

・ドラパルトVMAX、ベンチ狙撃系はきつい

ドラパルトVMAX

ベンチ狙撃されるだけでパーティが半壊してしまいます。特にドラパルトVMAXは、ウーラオスの登場でムゲンダイナVMAXデッキの使用率が低下、ウーラオスの弱点をつけるため多くなる予想ができるのでマッチングしないことを祈るしかないです。。。

・三神ザシアン対策
コンボギミックがなくなったことで三神ザシアン相手にサイドレースで不利になるため、三神ザシアンに対してのプレイング、対策が必要になります。

ポケカ飯
ポケカ飯

大会がないのでなんとも言えませんが結局、三神ザシアンが環境トップにいるというのは変わらなそうです。

・PTCGOの海外レシピから輸入されたデッキが今後のベース

マッドパーティーデッキレシピ

【デッキコード】b1VkFk-9pyyQi-VkvkFk(公式デッキ構築ページへとべます)

しっかり《デデンネGX》でまわして2枚積みの《グレートキャッチャー》が三神ザシアンを厚くみてるとのことです。カードプールがPTCGOのままなのでここから日本レギュ前述させていただいた《レベルボール》とかを組み込んでいくといいいと思います。

マッドパーティ収録パック

マッドパーティデッキ過去環境デッキまとめ

ムゲンゾーン~伝説の鼓動環境

仰天のボルテッカー環境

シャイニースターV環境

マッドパーティー優勝デッキ:一撃マスター・連撃マスター環境

マッドパーティー/サカキの追放デッキ

ポケカ飯
ポケカ飯
サカキの追放

今主流の《デデンネGX》でぶん回す型で、使用後、負け筋となる《デデンネGX》をトラッシュに送れる《サカキの追放》を2枚採用されています。

マッドパーティー/サカキの追放デッキ

マッドパーティー/サカキの追放デッキ

ポケカ飯
ポケカ飯

火力アップの《ダンデ》を採用されている点が珍しい点でしょうか。

マッドパーティー/サカキの追放デッキ

マッドパーティ/サカキの追放デッキ

マッドパーティ/サカキの追放デッキ

マッドパーティ/チラチーノ/サカキの追放デッキ

ポケカ飯
ポケカ飯
チラチーノ

《チラチーノ》ラインを1-1で採用、《レベルボール》対応なので積極的に立てていけばマッドパーティ持ちのポケモンをトラッシュに送る効率が格段に上がります。

マッドパーティ/サカキの追放デッキ

マッドパーティ/サカキの追放デッキ

マッドパーティーデッキ

マッドパーティデッキ

三神マッドパーティデッキ

【シティベスト4】マッドパーティデッキ

マッドパーティ/チラチーノデッキ

タイトルとURLをコピーしました