ピカゼク優勝デッキまとめ【シャイニースターV環境】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピカゼク優勝デッキ:シャイニースターV環境

【シティ優勝】ピカゼク/クワガノン/ワンダーラビリンス◇/エール団のしたっぱデッキ

ピカゼク/ジラーチ/クワガノンデッキ

ピカゼク/パーフェクションデッキ

ピカチュウVMAX/ピカゼクデッキ

ピカチュウVMAX/ピカゼク/パルスワンデッキ

【シティベスト8】ピカゼク/クワガノン/タッグコールデッキ

ピカゼク/ジラーチデッキ

ピカゼク/ジラーチ/クワガノンデッキ

【新弾】ピカゼク/ピカチュウVMAX/タッグコールデッキ

ピカゼクデッキ

コンボピカゼクデッキ【※】

コンボギミックである《ジラーチ◇》コンボを採用した《ピカチュウ&ゼクロムGX》デッキ、かなり前のめり構築となるためサポート権はドローに寄せ、ベンチ呼び出しはグッズ枠である《ポケモンキャッチャー》を使用されています。

《マルマイン》も採用しており、「タッグボルトGX」の追加効果つきを可能なかぎり打てるような工夫がされています。

ピカゼク/ピカチュウVMAXデッキ

ピカチュウVMAX/ピカゼクデッキ

【トレリ準優勝】ピカゼク/イオルブVMAXデッキ【※】

《イオルブVMAX》を採用したピカゼクデッキ、草タイプを採用することで苦手な闘タイプにも一矢報いることのできるポケモン。ただおそらくこの《イオルブVMAX》は、特性「かいこうせん」での間接的な雷アタッカーのバフカード、倒しそこねたポケモンも状況によっては倒すことができるので起用な立ち回りが期待できます。

《オーロラエネルギー》のアクセスを増やすために《グズマ&ハラ》を3枚、VMAXカードをサーチできるように《ポケモン通信》(《デンジ》からアクセス)を採用

足りなくなった枠調整は思い切って《ポケモンいれかえ》を2枚に落としてます。《ゼラオラGX》と《ふうせん》でいかにカバーできるかここは練度でカバーされてそうです。

ピカゼク/タッグコールデッキ

ピカゼク/ピカチュウVMAXデッキ

ピカゼク/タッグコール型/ワンラビ/エール団デッキ【※】

本日2回の優勝とのことですごいです。
ピカゼクデッキは、採用したいカードがかなり多くなり枠確保が難しいデッキですがしっかりと《ジラーチ》を4投できているのが安定性を生んでるのではないでしょうか✨

【シティベスト4】ピカゼクデッキ

ピカゼク

【シティベスト8】ピカゼク/タッグコール/ジラーチ/ガノンデッキ

ピカゼクデッキ

【トレリ】ピカゼク/クワガノンV/セレビィVデッキ

ピカチュウVMAX/ピカゼクデッキ

タイトルとURLをコピーしました