ピカゼク優勝デッキまとめ【ムゲンゾーン環境】

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク
超買取アップ

ピカゼクデッキ:ムゲンゾーン環境

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

CLではじめてピカゼクを優勝に導いたサイトウ選手のピカゼクです。

デッキとして一般的なタッグコール型ピカゼクと異なるかなという点

  • 《博士の研究》ではなく《デンジ》を採用
  • 《タッグコール》が3枚!
  • 《スピード雷エネルギー》が4枚

特に、《タッグコール》3枚(だいたい2枚までが一般的ですが)フルドライブの確率をあげるためには、《グズマ&ハラ》の起動が1番の近道と考えそこにアクセスできる確率を増やすための採用ですね。
どうしてもいれたいカードが多くなりがちなポケカのデッキ構築においてこの部分を《タッグコール》3枚→2枚、1枚とするパターンな方が多いのではと思います。
《デンジ》についても毎ターン出張りしていくには必要なエネルギー、状況に応じてグッズを選択できる点からより上手なプレイングで生きる構築ではないかと考えます。

ピカゼクプレイヤーとしてピカゼクの可能性を再度、教えていただきました!

優勝:ピカゼク(パルスワン、クワガノン)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ジラーチピカゼクデッキ

《アブソル》と《ミュウ》の対策カードを採用、トレーナーズは汎用性ができるように細かく採用し《デンジ》の確定サーチで臨機応変に対応するのかなと思います。

優勝:ピカゼク(タッグコール型:サイトウ選手ベース)デッキ

サイトウコウセイ選手ベースのピカゼクデッキですね。

優勝:ピカゼクデッキ

優勝:ピカゼクカプ・コケコデッキ

主に《ジュナイパー》対策か非GX,Vの《カプ・コケコ》を4枚採用しています。逃げるエネルギーも0なのが使いやすそうです。
《ボスの指令》に加えて《カスタムキャッチャー》を採用しているところもポイントですね。

優勝:ピカゼク(電磁レーダー型)デッキ

《電磁レーダー》3枚採用で特に初動の動きを安定させていると思います。《タッグコール》型とは違い《サンダーマウンテン◇》を序盤場に出せる確率は落ちますが《電磁レーダー》だと《デデンネGX》までサーチ可能なため事故時でもなんとか復帰できる性能を持っているデッキと思います。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

ここ最近のエネルギー配分このパターンが多いですね。
・《基本雷エネルギー》×9枚
・《スピード雷エネルギー》×4枚

《グズマ&ハラ》は強力ですがどうしても手札消耗が激しかったのですが《スピード雷エネルギー》がいい具合にフォローしてます。

優勝:ピカゼクデッキ

サイトウ選手のピカゼクがベースですね。
最近トレンドの基本9枚、スピード4枚の構成に《デンジ》を軸とした構成、エネルギーつけかえ枠の《タッグスイッチ》1枚採用、安定性を底上げしてくれる3枚の《タッグコール》

オリジナル部分でムゲンダイナVMAXデッキ対策に《ジュジュベ&ハチクマン》を採用されています。《タッグコール》からもつながることが優秀です。

ピカゼク(ピカチュウ&ゼクロムGX)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼクデッキ

《ジャイアントボム》がポイントですね。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

最近は、《デンジ》をベースにまわすピカゼクデッキが活躍してましたが《博士の研究》で多くのカードを引くを選択、エネルギー配分は流行通りの基本エネルギー9枚、スピードエネルギー4枚の構成ですね。

優勝:ピカゼクデッキ

優勝:ピカゼクデッキ

《タケシのガッツ》や《ルチア》、《ミミッキュ》等、めずらしいカードを使用されているピカゼクデッキですね。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

タッグコール型のピカゼク、《グズマ&ハラ》を使用し安定して「フルドライブ」を打てるデッキです。
《ぼうけんのかばん》を採用しているところが特徴ですね。

優勝:エネルギー破壊ピカゼクデッキ

ぶん回し型のピカゼクですね。
《デデンネGX》3枚、《クロバットV》1枚、《電磁レーダー》3枚で山一気に掘って場に展開します。ドローを進める過程で《クラッシュハンマー》、《エール団のしたっぱ》があれば相手のエネルギーをトラッシュ、バウンスしていきます。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

爆炎ウォーカー、ムゲンゾーン環境のピカゼクの定番の型ですね。
《博士の研究》でぶん回すのではなく《グズマ&ハラ》で初速を上げ、《スピード雷エネルギー》、《ジラーチ》、《デンジ》で場面に併せてカードを選択していいくスタイル、《ピカチュウ&ゼクロムGX》の耐久値がかなり低いため、スピード感の割にサイドを先攻されるケースがあるので《リセットスタンプ》2枚は個人的には今のピカゼクには必須ではないかと考えてます。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

ムゲンダイナVMAX対策に《ライチュウ&アローラライチュウGX》を2枚採用されています。基本相手をマヒらせてターンをもらるカードなのでサイドケアを考慮しての2枚と思います。

優勝:ピカゼク(電磁レーダー型)デッキ

今のピカゼクは、サポートに《博士の研究》、《デンジ》どちらをメインに構成されているかデッキの性格が随分と変わります。《博士の研究》の場合は、前のめりな動きが多くなります。特徴としては、《デデンネGX》の「デデンチェンジ」も積極的に使用し《エネルギーつけかえ》の枚数が多く採用されているのが特徴です。

優勝:ターボピカゼクデッキ

相手のエネルギーを破壊しつつ自軍は、《ターボパッチ》でエネルギー加速を狙うデッキです。《クラッシュハンマー》、《ターボパッチ》のコイン結果で強さが大きく変動していしまうデッキです。上振れした時は止められないです。

優勝:コンボピカゼク

コンボピカゼク正直、自分も組みましたがその他、レシピがないのでどれが正解は判断ついてませんが既存のピカゼクデッキを活かしつづ数枚差し替えを実施したとのことでした。

コンボザシアンデッキとも相性がよい《ソニア》は、中盤以降、《ヤレユータン》の準備ができていると《ジラーチ◇》と 《バリヤード》をサーチしてくることが可能となります。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

サブアタッカーとして《バイウールーV》を採用しています。

優勝:ピカゼクデッキ

優勝:ギャンブルピカゼクデッキ

コイン判定カードを分だんに採用したデッキ、確率1/2なので以外と決まるシーンが多いので上振れすると手もつけられないと思います。ただその中でも《タッグコール》→《グズマ&ハラ》の鉄板のコンボも組み込まれているため見た目以上に動作すると思います。《ターボパッチ》も無理に《エネルギーつけかえ》を使用するのではなくVポケモンメインでしっかり加速して使う想定ですね。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

後攻の場合は、《パルスワンV》の「そうでん」から入るのがメインと思われます。《ジラーチ》を採用を見送ることで他の枠を確保されていて《レックウザGX》+《エネルギーつけかえ》のコンボでエネルギー加速できる点、《ジュナイパー》対策もしっかりとれている点が印象的です。

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

《グズマ&ハラ》に加え《スタジアムナビ》も採用されており、《サンダーマウンテン◇》へのアクセス率を上げていますね。

優勝:ピカゼク(電磁レーダー型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

優勝:ピカゼク(タッグコール型)デッキ

これもベースはサイトウコウセイ選手のピカゼクですね。先日noteで記事をリリースしてからピカゼクの《エネポーター》、《ワンダーラビリンス◇》の認知されている気がします。

エネポーター
ワンダーラビリンス◇

優勝:ピカゼク電磁レーダー型雷バレットデッキ

優勝:ピカゼク(電磁レーダー型)デッキ

《電磁レーダー》を2枚採用されているため雷タイプのGXポケモンを多く採用しています。《ゼラオラGX》も最近のピカゼクの流れから0~1枚のところを2枚採用、《デデンネGX》も3枚採用されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました