【ポケカ】ひとり回しで使用してる仮想敵デッキ【伝説の鼓動環境】

スポンサーリンク

コロナ禍で未だにジムバトルに参加しにくい日々が続きます。
リモート環境で対人戦で調整できる環境がある方はあまり問題にはなりませんがなかなか対戦ができない状況だけどポケカのデッキ構築したい、練習したいと感じている方も大勢いると思います。(私もその中のひとりです。)

そこで誰でも簡単に腕をみがけるのがひとり回しです。
この記事では、私が現環境(伝説の鼓動環境)でひとり回しで使用している仮想敵のデッキを紹介します。

私はほぼピカゼクの調整に明け暮れてます。

私は仮想敵のデッキは、一度組んだ後はそこまでテコ入れせずに仮想敵のデッキの構築時間よりも自分の調整したいデッキをまわすに時間を割くように心がけています。

基本的に環境に多くいるデッキ、強いとされているデッキを日々まとめている優勝デッキからコピーさせていただいてできるだけクセを取り除いたテンプレート的な型にはめ込んだデッキとなります。

私は仮想敵のデッキは、一度組んだ後はそこまでテコ入れせずに仮想敵のデッキの構築時間よりも自分の調整したいデッキをまわすに時間を割くように心がけています。

仮想的のデッキどうしよう?と悩んでる方はとりあえず紹介させていただくデッキを丸コピーして対戦してみてはいかがでしょうか?

ひとり回しの仮想敵デッキは、プロキシ(代用カード)でも全然OKと思います。

先日、ひとり回しのススメ的な記事も書いてますのでお時間ある方や興味がある方は下記リンクからどうぞ

スポンサーリンク

ムゲンダイナVMAXデッキ

【デッキコード】UpEypy-lTfrF7-RSpppp

とりあえず今実戦で勝つためにクリアしないといけないムゲンダイナVMAXデッキ。今私が仮想敵で使用しているものの中で最もアップデートしないといけないと思っているものです。
今回は、実際私が使っているデッキの紹介なのでありのままを乗せておきます。

できるだけ先行2ターン目にドレッドエンドを打ってもらいたいのでエネルギーに加え《トキワの森》も採用しているのですがなんか安定性ないのですよね。

こちらのデッキは、優勝デッキ等参考に組み替えたい状態です。

とりあえずオールフレンズポケカ前はほぼこの構築でピカゼクとぶつけてました。

三神ザシアンデッキ

【デッキコード】cx4888-b7THTH-4DJc8G

noteを読んでかなり感銘を受けたデッキです。今流行りの後攻1ターン目に全力でオルタージェネシスGXを狙うのではなく確実に先攻、後攻2ターン目にオルタージェネシスGXを起動し4ターン目で勝ち切ることを目標にしたデッキとなります。重要なのが3ターン目でアルティメットレイでサイドを取ることですね。note記事にカードの採用理由、プレイング等詳細に解説されてますのでぜひ読んだ上で動かすといいと思います。
私は、1枚だけ《リセットスタンプ》1減らして→《大きなお守り》1増やしてます。

後攻1ターン目にオルタージェネシスGXを積極的に狙うデッキは、SL銀座で優勝されただんのうら選手のレシピがよいと思います。

【デッキコード】VfdkkF-MZG82A-fFbk1k

クワガノンVデッキ

クワガノンVデッキ

【デッキコード】kdvFVV-peCFWl-bdFVbF

PJNO優勝、準優勝構築ですね。伝説の鼓動環境になってもポケモンカードのデッキに占めるグッズの割合はかなり多いため”グッズロック”がかなり強力です。
伝説の鼓動では闘タイプデッキが環境入りしているためムゲンゾーン環境後期よりはやや減少傾向にあると予想します。

特にこのデッキを仮想敵として練習したいデッキタイプ
・小ズガ(ズガドーン)デッキ
・LOデッキ

セキタンザンVMAXデッキ


【デッキコード】kfkFFd-DqCYpF-FdwfVF

《マグカルゴ》の「じならし」、《ヤレユータン》の「さるぢえ」で《セキタンザンVMAX》の「ふんかだん」の火力を底上げします。

特にこのデッキを仮想敵として練習したいデッキタイプ
・ムゲンダイナVMAXデッキ
・ピカチュウ&ゼクロムGXデッキ

マルヤクデVMAXデッキ

【デッキコード】MEpSpM-YDhdfU-Xpy2yy

強力なサポートカード《溶接工》がある炎タイプのデッキとの調整も重要度が高いと感じています。現環境的にも戦闘力、使用人数からマルヤクデVMAXデッキをチョイス。
優勝デッキには、マルマインGXでの超エネ加速型も存在しますが私はオーソドックスなタイプと調整してます。

余裕があればマルマインGX型とも回した方がいいとは思います。

コンボザシアンデッキ

【デッキコード】QggLnn-hjrFq2-gn9ngP

テンポがよく好きなデッキです。記事タイトルに「伝説の鼓動環境」とドヤっときながら「ムゲンゾーン環境」で使用していたものです。今の環境であれば《とりつかい》の採用されてくると思います。

このデッキは、《ソニア》がかなり輝きます。サイドを1枚多く取るコンボギミックと事前に対戦しておくことで相手が遂行したいサイドプランを理解しやすくなります。

小ズガデッキ

【デッキコード】YxD8Jc-RQmW7W-48cccY

ずっと環境にいる気がする《ズガドーン》デッキ、非GX、Vポケモンである《ズガドーン》(以下、小ズガ)を軸にしているためサイドレースで有利かつ瞬間火力が高いのが特徴ですね。基本、自分側はピカゼクが多いのでしっかりグッズロックしてフィニッシュまで持っていけるかの確認をしています。仮想敵としての使用頻度は控え目です。

特にこのデッキを仮想敵として練習したいデッキタイプ
・VMAX、タッグチームGXを軸としたデッキ

ピカゼクデッキ

私自身、ピカゼクとのミラーマッチの練習ができてません。
ピカゼク対策の練習をするのであれば1番有名なサイトウコウセイ選手のPJNO使用のデッキ相手にまわしていれば問題ないと思います。

ピン刺しカードが多く《タッグコール》、《グズマ&ハラ》、《デンジ》で場面ごとに最適なカードをチョイスする必要がありますのでとても勉強になると思います。

【デッキコード】8cY8J8-LG8iXt-Dc4ccc

コメント

タイトルとURLをコピーしました